最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

スプリットステップについて、中上級者であってはよく知らず、行っていない人がいる
のではないでしょうか?

私も、サーブ&ボレーの1stボレーの時するのだなあと漠然と行っていました。

当時、サーブ&ボレーの名手といえば、歴代のNo.1 プレーヤー であるステファン・
エドバーグです。
恐ろしいほどエビゾリをして、ツイストサーブを打ち、華麗にスプリットステップを
して1stボレーを行います。

ピート・サンプラスは、スピードとプレースメントを兼ね備えたサービスでサーブ&
ボレーを行っていましたが、エドバーグは激しくキックするスピンサーブでサーブ
&ボレーをしており、両者は一味違うサービス&ボレーヤーです。


どちらのプレーヤも流れるようなサービスからのダッシュでボレーを行い、しびれる
様な華麗さでポイントを決めていました。

スプリットステップは、ボレーに限らず、ストロークのラリー中やサービスリターン
でも行います。



スプリットステップというとよくジャンプするようにと雑誌などで表現されている場合
があります。

しかし、大きくジャンプしたスプリットステップは上下動が激しく、目線ががブレて
しまって、すばやく対応するには逆効果になます。


スプリットステップのコツは、上に飛ぶというよりは、両膝を軽く曲げ、しゃがみこむ
(腹筋を使って重心を落とす)ようなイメージで行うと良いです。



フェデラーのストロークの練習でスプリットステップしている動画ありましたので、
イメージして試して見て下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

スプリットステップ | コメント(0) | 20151206003706 | 編集

美しいフォームは、質の高いショットを生み出し、プレースメントや
スピードの要求される上級者には必要条件であると思います。

但し、単に美しいければ良いというわけではなく、基本を押さえた上で、
その人にあったフォームにしなければ意味がありません。

無理のあるフォームは、必要以上に疲労を生み出し、最悪は怪我や
故障に繋がります。

学生時代に、スポーツボーリングをやっていたのですが、ボール
コントロールの要求されるボーリングはテニスと同じように投球
フォームが重要でした。

この時、自分にあったフォームの作りや、フォームのチェックには
ボールを持たずに投球動作を行うシャドーボーリングをいうものを
教わり、非常に役にたちました。

テニスでもラケットを持たずにシャドーテニスをすることで、自分に
あったフォーム作りやフォームの改良にに非常に有効です。

シャドーテニスについては、各ショットの説明時にまた引用すると
思いますが、このシャドーテニスによる練習は大変お薦め致します。

最近は、YouTubeなどで、プロのスローモーションの動画が見れるので
大いに活用するべきであると思います。

ただ、注意しないといけないのは、やみくもに動画のプロのフォームを
まねることです。

ボレーなどでボールが、ラケットにあたったことで、自然に手首が
返ることがありますが、必要がないのに手首を返すようなことを身
につけてはいけません。

自分にとって新しい技術を取り入れる場合は、テニススクールのコーチ
や上級者の方にも確認する方法も良いと思います。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 


関連記事 [考え方]
考え方 | コメント(0) | 20151128154509 | 編集

スピンサービスの打ち方ですが、インターネットや教本にも記載れている方法としては、次の
ような指導内容です。

①トスを頭上に上げる。
②ボールの左下側を捕らえて7時から1時に方向にラケットを振る。
③フォワードスイングのときに斜め右上の方へボールをこすり上げる。
④ボールの後ろを強くこすり上げる。
⑤ラケットヘッドを背中の後ろに回し、背中をかくように頭上に振り上げる。
⑥テイクバックのときにためた下半身や背筋の力を一気に右上に向かって放出する。


上記の内容は、スピンサービスを打つ場合のボールの上げ方とスイング方法を記載して
います。

しかし、スピンサービスを打つには、ラケットの握り方が、大事です。


フラットやフラット気味(スライス回転)のサービスの場合は、厚めのイースタングリップでも
打てますが、スピンサービスの場合は、「コンチネンタルグリップ」で握る必要が
あります。

「イースタングリップ」やこれにに近いグリップだとラケット面にボールを乗せて打つことが
難しいため、ボールの左下側を捕らえて7時から1時に方向にラケットを振るスピンサービス
では、必要な回転を掛けることは困難です。


ボールに強い回転を掛けるには、「イースタングリップ」ではなくて、
「コンチネンタルグリップ」が適しています。

一般的に、スピンサービスを打つには、「コンチネンタルグリップ」で
ボールに回転を掛けれるようになることが必要です。


もうひとつ、握り方のポイントしては、フラットやフラット気味(スライス回転)の
サービスの場合よりも、ラケット長めに持つことです。


ラケットを長めにもつことの利点としては、テイクバックした時にラケットヘッドを落としやすい
ことです。


フラットやフラット気味(スライス回転)のサービスの場合、後ろから前のスイングのため、
このイメージで打つとボールに縦回転を多くかけるのは難しくなります。

縦回転を多くかけるのスピンサービスでは、下から上への軌道になるため、ラケット
ヘッドより多く落とす必要がありますので、ラケットを長めに持つことが効いてくる
のです。

ネットでフェデラーのスピンサービスを打っている動画がありましたので、スピンサーイスの
イメージ作りに参考にしてみて下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151114171521 | 編集

テニスはイメージするということが、大切なスポーツです。テニスでは、野球での
投球や射撃のように的を見ながら、球をショットすることができません。

どのショットもボールを打つときは、先に的、ネットの高さ、ボールの軌道を頭の
中にイメージしてスイングすることが正しいと思います。


フェデラーも特にバックハンドでは、インパクト時の顔のままスイングしているの
が、彼の試合を見ればよくわかります。

テニスの各ショットは、普段の生活では、行わない動作ばかりなので、テニスを
始めた時は何か手本をイメージしてフォームを身につけていくのが普通です。


この手本が自分の個性に合って、しっかりと理解できていれば、短期間で
上級者になることは、可能だと思います。


私も最初はサンプラスのようなテニスをイメージしていたのですが、具体的にどう
やって体を動かしているのかテレビを見ているだけではさっぱり分かりませんでした。

そこで、いろいろ教本を手本にしてやってみたのですが、教本の解説は
大雑把すぎてよくわかりませんし、今から思えば、間違っているところも多々
あります。

なんでも鵜呑みにせずに、試して考えながら、学ぶことが大切です。


ネットまでの距離、ネットの高さ、エンドラインまでの距離、サイドラインまでの
距離、サービスラインの大きさなど感覚で測るしかないのがテニスです。

常にラインやネットの高さはショットを打つ前にイメージし、体に覚えこませて練習
しましょう。


フェデラーのバックハンドの動画がサイトにありましたのでイメージしてみてください。

インパンクト後もボールの方向を見ずに顔を残しており、イメージでボールを打って
いることがよく分かります。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

関連記事 [考え方]
考え方 | コメント(0) | 20151107205008 | 編集

サービスのフォームは、「野球の投球フォーム」と同じような体の
使い方をします。

しかし、左手でボールを上げながら、長くて重いラケットを持って、
投球動作をするのは、簡単ではありません。


下記の二つの動作のタイミングがうまくかみ合わないとボールは
思ったところに上がりませんし、テイクバックもうまくできないでしょう。


①ボールを上げる
②テイクバックする

サービスがうまくいくかどうかは、上記の動作が大変重要であること
は言うまでもありませんが、意外と適当になってはいないでしょうか?

ボールを上げる時のコツは、下記の2つです。
・手の平で包み込まず、指だけで軽くつかむ。
・手首はスナップを使わず固定してそのまま上げる。



上記は、教本にもよく書かれている安定したトスアップのポイント
ですが、もう一つ急所的なポイントがあります

それは、「ボール上げを始動する高さ」が、意外と安定性に影響され
ます。

ボールを上げ始める高さの位置は、構え方によっても、影響される
のですが、おへそのあたりから上げるのが安定して上げやすいと
思います。


しかし、ラケットを左手で支えているとラケットの始動位置が高くなり、
テイクバック時に右腕にが力入りやすくなる悪影響があります。


「ボール上げを始動する高さ」がおへそよりも低い位置でもトスアップ
を安定させるコツとしては、次の方法があります。

・トスを上げる左腕の肘をまっすぐ伸ばしすぎない。


肘を伸ばし過ぎると肘から先のスナップが効いてしまいトスが安定
しなくなります。

上記のポイントも考慮してトスを上げると安定性が増すと思います
ので、一度、試されることをお勧めします。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151031172535 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。