FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョコビッチモデルの「YouTek Speed Pro」を購入

「ノバク・ジョコビッチ」が選んだラケットであるヘッドの 「YouTek Speed Pro」 を購入しました。
グリップ3で、ラケットの重量は、339g、スイングウエイトは317gです。5月に試打した時は、先行販売のため、グリップ2しかなかったのですが、この時は、ラケット重量334gで、スイングウエイト307gでした。 

DSC0012211.jpg                img56027909.jpg

 ■メーカ希望価格:37,800 円 ■激安価格例:24,045 円 (税込)   楽天市場へ>>>

スイングウエイトが5g以内だと振り抜きの差は分かりにくいのですが、10gも違うとその差ははっきりとわかります。私としては、試打ラケットより軽いものを期待していたのですが、重めのものが、入ってきました。

試打は、お店のオートテニスで行ったので、実際のコートで打つのと少し違いがでるのですが、ボールの飛びはやはり良く、面安定性や硬い打球感も試打の通りでした。

打球感としては、ヘッドのラケットで比較すると下記の順です。

軟らかめ YouTek Radical MP < マイクロジェル・プレステージMP < YouTek Speed Pro  硬め

他のメーカでは、PROVEAM X-BLADE 3.2 MID と同じかBLADEの方が、やや硬めです
打球感が硬めが好きな人には、適しているでしょう。私も硬いのが好きなのですが、重さがもう少し軽ければ試合の標準用で使えたのですが。

そこで、お店の人にアドバイスをもらって、もう少しトップライトにして、振り易くすることにました。
写真のように、グリップのところに、市販のリード(鉛)テープを貼ることで、トップライトにでき、
試合でも使えるようになりました。



今回、ラケット重量とスイングウエイトが重いことで、改めて分かったのですが、重いほど面安定がよく、相手の重いボールにも打ち負けにくいということです。

スクールの速いカーペットコートでコーチの重いサービスのボールにも打ち負けにくくなりました。

今回のラケットは、重さ以外は、非常に良かったのですが、体力に自身のない私には、試合の標準用として使うにはスタミナが持たないため、別のラケットを選びました。

ただ、今回のラケットでは、コーチも取れないくらいの重いサービスが打てるので、試合で重いボールを打つ相手用として、活用しています。

体力に自身の有る方には、非常に有効なラケットと思いますので、一度、試されることをお薦めします。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。