FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全英テニスでフェデラー7年連続ベスト4

テニスのウィンブルドン選手権の準々決勝、第2シードのロジャー・フェデラーが第22シードのカルロビッチを6-4、7-5、7-6のストレートで下し、準決勝でハース対ジョコビッチの勝者と対戦することなりました。

今回の準々決勝の組み合わせは次の通りですが、フェデラーにとっては、ハース、ジョコビッチのどちらもこれまでの対戦者よりは、戦いにくい相手ではないでしょうか。

男子ベスト8、準々決勝(QF)の組み合わせ
①ヒューイット 対 ロディック(6)
②マレー(3) 対 フェレーロ
③ハース(24) 対 ジョコビッチ(4)
④カルロビッチ(22) 対 フェデラー(2)

ハースは、芝のコートで必要な経験が豊富で、精神的にもくずれにくい上に、全仏では、フェデアーをかなり追い詰めていました。

ジョコビッチは、若いので、芝の経験は少なく、精神的に崩れやすいところがあるものの、フェデラーを
幾度となく倒している経験があります。

しかし、今日のWOWOWのインタービューでは、フェデラー本人は、今回は調子がとても良いとのコメントであるし、これまでプレーを見ていても確かに調子が良さそうなので、どちらが来てもフェデラーに分がありそうです。

そうは言うものの、個人的には、若いジョコビッチに頑張ってもらいたいし、すばらしい試合を見せてくれることを期待したい。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。