最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
新しいラケットの模索

先週、いろんなラケットの試打を行いました。目的は、今、使っているウイルソンの [K] BLADE TOUR に限界を感じたからです。

このラケットでは、打感、面安定性、振り抜き、ボールの飛び及びコントロール性について、特に問題はなかったのですが、限界を感じたの次の点です。

(1)ラケット面が小さめ(93inch/sq.)なのでストリング劣化の影響を受けやすい。
(2)体力があまりない私には、ラケットコントロールが自分のイメージどおりにできない。

ラケット面が小さいと、スイートエリアも小さくなり、ストリングが劣化してくるとスイートエリアがさらに小さくなってミスしやすくなります。

また、ラケット面の大きいラケットに比べ、ストリング劣化の影響するスピードが早く、すぐにスピンが掛かりにくなり、ボールの飛びが悪くなる傾向が顕著です。

この現象は、ウイルソンの [K] BLADE TOUR に限ったことではなく、ラケット面の小さめのものには、共通しています。

上記の傾向を極力、少なくするため、反発力の長持ちするキルシュバウムのタッチターボで補っていたのですが、気にならないところまでには行きません。

次に、二番目の限界事項としてのラケットコントロールについてです。

ラケット面が小さいことからスイング時に空気抵抗を受けにくくて、振り抜きは良いのですが、ストロークでの急なコース変更が、私の腕力では行いにくいのです。

オムニコートでの試合では、サービスでのポイント獲得率が下がるので、ストローク勝負になってきます。

体力と腕力があれば、重いスピンの掛かったボールで、相手のボールを短くさせたり、ミスをさせたりできます。

また、速いボールを打って、相手を追い込むことができるでしょう。

体力と腕力のあまりない私としては、ボールを極力引き付けて、打つコースを読ませなくし、構える方向とは違うコースにすばやく変更して打つことでオムニコートでのアドバンテージを取ろうと考えています。

試打の結果については、次回に報告します。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [ラケット]
ラケット | コメント(0) | 20140614133748 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。