最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
スイング時の力みの原因とは?

先週、月刊テニスジャーナル4月号を購入しました。この本の中で、テニスインストラクターの谷口勇美雄 氏の「知らないと損をする ! 意外な現実」というコーナがあります。

今回は、「力みの原因は、ラケットの選択にあった」という題目でスイング時の力みの原因について記述されています。


Tennis Journal (テニス ジャーナル) 2009年 04月号 [雑誌]Tennis Journal (テニス ジャーナル) 2009年 04月号 [雑誌]
(2009/03/05)
不明

商品詳細を見る
テニス月刊書


本書で、ラケットの選択が大きく関わっている力みの原因として下記を上げています。

①打球時の衝撃が強い
 打球時の強い衝撃に負けないために、ラケットを引いた時に、強い筋肉の緊張がおきる。
 
②相手のボールに押される
③ボールとのタイミングがあっていない
 ②と③は、スイングウエイトが大きく影響し、スイングウエイトが適切でないと、相手のボールに押されたり、タイミングを合わせようと腕や手に大きな力みが生じる。

④打球音が金属的
 硬いラケットという思い込みが、筋肉の緊張を生み、リズミカルな動きを封じてしまう。


最後に、上記の力みの原因は、ラケットという条件が、引き起こす反射的な力みで、自分の意思で無くすことは困難であるとコメントしています。

上記の専門家の記事は、スイング時の重要性としてラケットのスイングウエイトを上げており、私の上達の鍵を握る考え方を裏付けているものです。

スイングウエイトの軽い、重いは、次のような相反する特性がありますが、自分の目指すテニスに合わせて、バランスの良いところを選ぶことが重要です。

1.スイングウエイトが軽い
 長所 : 操作性が良く、自分のイメージに近いスイングができる。スイングによる疲労が少ない
 短所 : 強いボールに押される。面安定性が低い。

2.スイングウエイトが重い
 長所 : 強いボールに押されることなく、強いボールを返せる。
 短所 : スイングスピードが遅くなる。スイグングによる疲労が多い。


スイングウエイトの影響の大きさは、体力の疲労度でも変わります。体力の疲労度が大きい時に、重いものを持つとどうしても、肩、腕、手首に、力みが生じやすくなります。

スイングウエイトが自分の体力より重めだと、疲労により、スイングウエイトの影響が大きくなって、力みの生じたスイングとなりボールに伸びが無くなったり、ボールコントーロルが落ちたりします。


私は自分に合ったスイングウエイトを知らないために、前述の悪影響等で、フォームが悪くなったり、試合で勝てなかったりで、ラケットを何十本も買い換える羽目になりました。

こんな悲劇を起こさないように、ラケットの購入時には、スイングウエイトを計測してもらい、自分にあった重量値を見つけて、最適なラケットでテニスされることをお勧めします。


ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [ラケット]
ラケット | コメント(0) | 20140314145755 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。