最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
28|学生X|20090223220017

とても参考になりました。
ありがとうございます。

僕も最近はいままでしていなかった、ドロップショットやスライスサーブの練習をしています。

29|KEI|20090223231231

ドロップショットはオムニコートで特に有効だと思います。私が上げたテクニック以外に良いものがあれば、コメント下さい。
シングルスでの戦い方

体力のない私は、シングルスの試合で優位にゲームを進めるには、どうしたら良いかとこれまでいろいろと考えてきました。

有る程度の案は、プロの試合を見て持ってはいたのですが、技術が未熟なため、実現できていませんでした。

最近は、前よりも良くなってきているので、考えていた案を少しずつ試すこともできるようになってきました。

フェデラー対ナダルの試合を見て思うのですが、やはり、アンフォースドエラーを無くして、脚力でボールを拾いまくって相手を根負けさせてミスさせることが、シングルスでは、かなり勝率の高い戦術だ思います。

脚力や体力の無い人にとっては、やはり、テクニックで相手を追い込むのが、優位な戦術でしょう。もちろん、脚力、体力およびテクニックがあれば、鬼に金棒ですが...。

試合を優位に持っていける、戦術とテクニックとしては、次が考えられます。

①オープンコートを作る
・デュースコートからのコート外側に切れるスライスサービス
・スピンをかけて角度をつけたサイドライン側へのストローク

②相手の意表をつく
・ドロップショット
・サービスで同じコースにフラットとスライスを混ぜる

③相手にこちらの打つコースを読ませない
・逆クロス側からのフォアハンド(逆クロスとストレート)
・肩を入れて、ボールをためて打つ

④相手の弱いところ突く。
・片手打ちバックのバックサイド側


試合で勝つためには、コートが上手く使え、優位に運べるショットを頭に描いて、練習することが大切だと思います。


3つのランキングに参加中、バナーをクリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 



にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [シングルス]
シングルス | コメント(2) | 20140223161040 | 編集
28|学生X|20090223220017

とても参考になりました。
ありがとうございます。

僕も最近はいままでしていなかった、ドロップショットやスライスサーブの練習をしています。

29|KEI|20090223231231

ドロップショットはオムニコートで特に有効だと思います。私が上げたテクニック以外に良いものがあれば、コメント下さい。
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。