最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
引きながら打つフォアハンドとは?

通常の教本にはスクエアスタンスのフォハンドストロークの打ち方として、次のように書かれています。

①力強いスイングをするため、十分な右足から左足への体重移動を行う。
②右足に体重が残ったままだと体重移動のない弱いスイングになる。
③正確なインパクトも迎えられない。


確かに間違っていないと思う。

しかし、元プロテニスプレイヤー吉田友佳さんの「テニスは逆転発想でうまくなる」では、

身長も力もない私が、パワーのある人が重心移動をしながら体重を乗せて打つパワフルなボールを前に踏み込んでパワーで押し返そうとすると弾かれてしまう。

そこで、「引きながら打つ」、「かわしながら打つ」という逆の発想で打つとものすごく効果があった。


と書かれています。


上記の説明しかなかったので、私には吉田友佳さんの言っていることがよく分かりませんでした。

しかし、私も「引きながら打つ」ということをする時があります。

それは、次のような時です。

①相手のボールがバウンド後に、予測以上に伸びてきた。
②予測していたボールの落下地点よりもボールが手前に落ちて、ボールの勢いが強かった。


上記のような場合は、フォワードスイングが振り遅れて、最適なインパクトに間に合わなくなってしまうケースが多い思います。

体の捻りと戻しが十分の状態でなく、インパクトすると、勢いのあるボールには力負けして弾かれてしまうでしょう。

間に合わないと感じれば、右足から左足への体重移動を行わずに、両足の位置はそのままで重心を引きながら右足に体重をしっかりと乗せます。

重心を引いている時、通常のスイングと同じように体を十分に捻っておき、右足を軸にしてスイングします。

体を引くことで体の捻りと戻しの時間を稼いで、最適なインパクトに持っていけば、相手のボールに弾かれることなくきちんと返球することができます。


吉田友佳さんの言っていることは、パワーのある人が重心移動をしながら体重を乗せて打った予測以上に伸びてきたパワフルなボールを打つ場合は「引きながら打つ」と捉えれば、私の言っていることと同じだと思います。

確かにこのような打ち方ができれば、より安定したフォアハンドを得ることができるでしょう。

3つのランキングに参加中、バナーをクリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 



にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

フォアハンドストローク | コメント(0) | 20140222002726 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。