最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
2015全豪テニスは、ジョコビッチが優勝

全豪オープンテニス第最終日のナイトセッションで男子シングルス
決勝が行われ、 第3シードで世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ
が、 第5シードで同5位の アンディ・マレーに6-4、6-2、6-3でストレ
ートで 勝ちました。

 

ジョコビッチは08年全豪以来2度目のグランドスラム制覇を果たし
ました。一方の マレーは全豪で2年連続決勝敗退となっています。

   

マレーが勝てば、イギリス人としては、1936年のフレッド・ペリー
以来となるグランドスラム制覇でした。

   

その野望を打ち砕いたのは、同じ23歳で誕生日が7日しか変わら
ぬセルビア人の 親友であるジョコビッチでした。

  

2人とも87年5月生まれですが、マレーが1週間だけ早い生まれ
です。一緒に練習も して手の内は知り尽くしていました。

  

対戦成績はジョコビッチの4勝3敗ですが、最近ではマレーの
3連勝でマレーにかなり 歩があったと思います。


また、対戦でのコートサーフェースは、いずれもハードコートで、
そのうち2回は決勝での顔合わせでした。

 
 

しかし、グランドスラムでの対戦は、今回が初めてであり、今大会
のジョコビッチは ベルディヒ、フェデラーに完璧なテニスでストレ
ート勝ちをして勢いに乗っていたことや過去の優勝経験が勝因
かもしれません。

 
 

男子シングルス決勝のジョコビッチ快勝をもって、2011年全豪
オープンは幕を 閉じたのですが、次なる戦いの舞台は5月22日
開幕の全仏、ローランギャロス となります。

 
 

ナダル、フェデラーの二強の巻き返しなるか? あるいはジョコ
ビッチの黄金 時代到来か? 今後のグランドスラムの行方が
とても気になります。

 

ポチッと応援願います 。
banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(0) | 20150123211942 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。