FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスでは欠かせないスプリットステップ

スプリットステップについて、中上級者であってはよく知らず、行っていない人がいる
のではないでしょうか?

私も、サーブ&ボレーの1stボレーの時するのだなあと漠然と行っていました。

当時、サーブ&ボレーの名手といえば、歴代のNo.1 プレーヤー であるステファン・
エドバーグです。
恐ろしいほどエビゾリをして、ツイストサーブを打ち、華麗にスプリットステップを
して1stボレーを行います。

ピート・サンプラスは、スピードとプレースメントを兼ね備えたサービスでサーブ&
ボレーを行っていましたが、エドバーグは激しくキックするスピンサーブでサーブ
&ボレーをしており、両者は一味違うサービス&ボレーヤーです。


どちらのプレーヤも流れるようなサービスからのダッシュでボレーを行い、しびれる
様な華麗さでポイントを決めていました。

スプリットステップは、ボレーに限らず、ストロークのラリー中やサービスリターン
でも行います。



スプリットステップというとよくジャンプするようにと雑誌などで表現されている場合
があります。

しかし、大きくジャンプしたスプリットステップは上下動が激しく、目線ががブレて
しまって、すばやく対応するには逆効果になます。


スプリットステップのコツは、上に飛ぶというよりは、両膝を軽く曲げ、しゃがみこむ
(腹筋を使って重心を落とす)ようなイメージで行うと良いです。



フェデラーのストロークの練習でスプリットステップしている動画ありましたので、
イメージして試して見て下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。