FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショットで上達がいきずまったら、フォームを見直す。

美しいフォームは、質の高いショットを生み出し、プレースメントや
スピードの要求される上級者には必要条件であると思います。

但し、単に美しいければ良いというわけではなく、基本を押さえた上で、
その人にあったフォームにしなければ意味がありません。

無理のあるフォームは、必要以上に疲労を生み出し、最悪は怪我や
故障に繋がります。

学生時代に、スポーツボーリングをやっていたのですが、ボール
コントロールの要求されるボーリングはテニスと同じように投球
フォームが重要でした。

この時、自分にあったフォームの作りや、フォームのチェックには
ボールを持たずに投球動作を行うシャドーボーリングをいうものを
教わり、非常に役にたちました。

テニスでもラケットを持たずにシャドーテニスをすることで、自分に
あったフォーム作りやフォームの改良にに非常に有効です。

シャドーテニスについては、各ショットの説明時にまた引用すると
思いますが、このシャドーテニスによる練習は大変お薦め致します。

最近は、YouTubeなどで、プロのスローモーションの動画が見れるので
大いに活用するべきであると思います。

ただ、注意しないといけないのは、やみくもに動画のプロのフォームを
まねることです。

ボレーなどでボールが、ラケットにあたったことで、自然に手首が
返ることがありますが、必要がないのに手首を返すようなことを身
につけてはいけません。

自分にとって新しい技術を取り入れる場合は、テニススクールのコーチ
や上級者の方にも確認する方法も良いと思います。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 


テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。