最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
安定したトスを上げるには・・・。

サービスのフォームは、「野球の投球フォーム」と同じような体の
使い方をします。

しかし、左手でボールを上げながら、長くて重いラケットを持って、
投球動作をするのは、簡単ではありません。


下記の二つの動作のタイミングがうまくかみ合わないとボールは
思ったところに上がりませんし、テイクバックもうまくできないでしょう。


①ボールを上げる
②テイクバックする

サービスがうまくいくかどうかは、上記の動作が大変重要であること
は言うまでもありませんが、意外と適当になってはいないでしょうか?

ボールを上げる時のコツは、下記の2つです。
・手の平で包み込まず、指だけで軽くつかむ。
・手首はスナップを使わず固定してそのまま上げる。



上記は、教本にもよく書かれている安定したトスアップのポイント
ですが、もう一つ急所的なポイントがあります

それは、「ボール上げを始動する高さ」が、意外と安定性に影響され
ます。

ボールを上げ始める高さの位置は、構え方によっても、影響される
のですが、おへそのあたりから上げるのが安定して上げやすいと
思います。


しかし、ラケットを左手で支えているとラケットの始動位置が高くなり、
テイクバック時に右腕にが力入りやすくなる悪影響があります。


「ボール上げを始動する高さ」がおへそよりも低い位置でもトスアップ
を安定させるコツとしては、次の方法があります。

・トスを上げる左腕の肘をまっすぐ伸ばしすぎない。


肘を伸ばし過ぎると肘から先のスナップが効いてしまいトスが安定
しなくなります。

上記のポイントも考慮してトスを上げると安定性が増すと思います
ので、一度、試されることをお勧めします。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151031172535 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。