最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
ダブルスの上達のカギはボレー

ボレーの上手いテニスプレーヤーとなると、やはりプレースタイルが
サーボ&ボレーを攻撃の主体としているプレーヤーでしょう。

私がこれまでに、テレビで見て知っているプロの選手では、次の
ような人たちでです。

①ジョン・マッケンロー
②ステファン・エドバーグ
③ボリス・ベッカー
④ピート・サンプラス
⑤ロジャー・フェデラー
⑥パトリック・ラフター
⑦ティム・ヘンマン
⑧鈴木貴男
⑨マルチナ・ナブラチロワ


ほとんどが歴代のNo.1プレイヤーです。

私が好きなサーボ&ボレーヤーとしては、ステファン・エドバーグと
ピート・サンプラスです。

ボレーのコントロールがすばらしいのと且つサービスも他のプレーヤー
とは違う華麗さと 攻撃力をもっています。


つまり、サーボ&ボレーを攻めの主体とするには、簡単にリターン
されずに、リターナーを 追い込むようなサービス力がないとできない
攻撃スタイルなのです


・ステファン・エドバーグ・・・1st、2ndサービスとも激しくキックする
ツイストサービス。

・ピート・サンプラス・・・1stサービスはどのコースに行くか読まれない
コントロールと スピードを持ち、2ndサービスも、コースを厳しく狙い
ながら、スピードを保ちつつ 激しくキック。

一言でボレーといっても、次のように沢山の種類がありますが、⑤~⑦は、
マニアック なボレーなので、まず、①~④のボレーを身につけることが
大事です。

①ハイボレー
②ミドルボレー
③ローボレー
④ハーフボレー
⑤ドロップボレー
⑥ストップボレー
⑦ドライブボレー


ボレーは、野球のボールをキャッチする感覚ににています。ボールを
打つというよりは、 ラケット面でボールを受けるというイメージのほうが
うまくいくでしょう。

打つというイメージでは、テイクバックが大きくなりやすくなります。ボール
を受けて、運ぶ 感覚で試してみてください。

フェデラーのボレーの動画がサイトにありましたので、イメージしてみて
ください。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ


>

関連記事 [ボレー]
ボレー | コメント(0) | 20151024212921 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。