FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスを保つことが大事

特にサービスでは、下記の箇所がうまくいっていないと脱力できずに
力みやすい傾向に落ちいりやすい述べました。

1. 始動時ラケットの持ち方
2. テイクバックのやり方
3. フォワードスイングのやり方
4. トスの上げ方
5. 体重移動のやり方

上記のサービスのフォームの中で力みにつながる要素として、リズムと
バランスも重要なファクターとなります。

まず、バランスですが、バランスはテニスに限らず、スポーツにとって
重要なファクターです。

しかし、ボールを打つスポーツとしてゴルフや野球に比べ、片手で打つ
テニスは、とてもバランスを崩しやすい種目であります。

バランスを崩さずに打てるフォームを追及することは、テニスが、最短で
上達することにつながると思います。

それには、ラケットを持っていない左手の使い方が重要な役割をはたし
ます。



上記のサービスフォームでいかに左手を使うべきかを考えられたことは
ありますか?

例えば、トスを上げた後、フォワードスンイグに入るとき、左手はどうして
いますか?

バランスを崩さないためにすべきことは、次のポイントです。

1.トスを上げた後、すぐに左手は降ろさず、フォワードスイングする
  右手と入れ替えるようにおろす。

2.トスを上げた後、左手の手のひらを自分の体と反対側に向ける。


上記のポイントを実行することで、フォワードスイング時にバランスを
崩さずにボール集中して見やすく、安定してスイングしやすなります。

フェデラーのサービスフォームがサイトにありましたので、イメージして
試してみてください。

ポチッと応援願います 。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ



テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。