最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
スイングでの脱力のやり方

テニスを始めて教わったことがないのが脱力のやり方です。

私の場合、スクールは中級クラスから始めたから教えてもらっ
ていないのでしょうか。

しかし、この間、スクールのコーチにラケットのスイングウエイト
について話をしたら、初めて聞いたと言っていました。

また、別のスクールのコーチは、キリシュバウムのガットを知ら
ないと言っていたし、あてにならないコーチが多いですね。

脱力のやり方としては、ラケットの握りを弱めればいいのですが、
スウイングのフォームによっては弱められない場合があります。

正しいフォームを知らない初心者は、ラケットの握りを弱められ
ないスイングをしている人が多いです。

プレッシャーを感じている時や気負っている時も脱力できない
場合がありますね。

また、筋肉が疲労してカチカチになっている場合もそうです。

フォーム的には、ラケットの重みを無視して力まかせに打って
いる場合があります。

特にサービスでは、下記の箇所がうまくいっていないと上記の
傾向に落ちいりやすいと思います。

1. 始動時ラケットの持ち方
2. テイクバックのやり方
3. フォワードスイングのやり方
4. トスの上げ方
5. 体重移動のやり方

次回に上記のポイントについてお話したいと思います。

ピートサンプラスのサービスの動画がありましたが、基本的な
ところは上記のポンイントの参考になると思います。

イメージトレーニングしてみて下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20150924201937 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。