FC2ブログ

最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
フォームのムダなところを見直す

テニススクールの新しく入ったクラスの人で、フォアハンドがやたら
テイクバックの大きい人がいます。

見ためは、ぎこちさは無くしっかりとスイングしてボールは、打てています。
若い人なので、大きくスイングしても、体力があるので気にならないのでしょう。

この間のレッスンでは、ボールを打った後、すぐに次のボールにが打てるように、
構えることが大事とコーチがレッスンしていました。

スクールのコーチが、生徒のフォームを指摘するのは、あまり見かけたことはないの
ですが、その時は、テイクバックが大きいと注意していました。

ただし、こうしないさいというようにフォームの矯正指導はしていませんでした。

若い時は、体力があるので、力まかせなフォームに陥りやすいので、注意が必要です。
ムラ、ムリ、ムダなのは、仕事だけでなく、テニスのフォームにも言えることです。

レンドルのフォアハンド、マッケンローのスライスサーブ、エドバーグのスピンサービス
など昔は、個性のあるフォームのプロが多かったです。

しかし、知識も経験もない素人が、個性的なプロのまねをしても、ほとんどが百害あって
一利なしでしょう。

最近のプロのフォームは、オーソドックスでシンプルなものが多いですが、それだけ
近年のテニスのレベルが上がってきて、効率的なフォームを求められるからでは
ないでしょうか。

素人の場合、ムラ、ムリ、ムダなフォームは、上達の妨げになりやすいので、常に
チェックする気持ちが大切です。


ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [フォーム]
フォーム | コメント(0) | 20180218200336 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天