最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
ストロークでは肩を入れる

昨日のテニススクールのレッスンでは、ストロークで肩を入れて打つ
練習がありました。

肩を入れるとは、テイクバックした時に、肩甲骨を相手側に見せるように
上半身を捻ることです。

初心者や初級者は、フォームが固まってないため、肩を入れて打つことが
できずに手打ちになってしまうことが多くなります。

肩を入れるという動作は、ストロークでは不可欠なのですが、肩をいれる
タイミングや入れる量が相手のボールの状態によって変わるため、
上級者でも難しい動作でもあります。

バックハンドでは、肩を入れずに打つことはできないので、自然と行える
ようになりますが、フォアハンドでは、肩を入れる量が少なくても打てるため
身につきにくく手打ちになりがちです。

しかし、バックハンドでは肩を入れるタイミングが遅れると手打ちになって
返球できなくなりますが、フォアハンドではラケット面で合わせることで、
肩をしっかり入れなくても返せることができるという利点はあります。

速いサービスを返す場合や右に切れていくサービスをフォアハンドで返す
場合は肩入れるタインミングを見失いやすいでの注意が必要です。

私もフォアハンドが安定しない時、しっかりと肩を入れるようにフォームを
改良することで得意なショットに変えることができました。

フォアハンドが安定しないという方は、再度、チェックする必要がある
重要なポイントであります。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [フォーム]
フォーム | コメント(0) | 20150711145510 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。