最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
87|みき|20100326174120

私は、オムニコートでテニスをやっています。コートで選んだのではなくてクラブがそこでやっていたのでそうなってしまいました。
ウォーミングアップなどで膝の負担を軽くしてあげるしかないようです
ね( ^-^)
応援ポチ!
88|KEI|20100326222513

みきさんへ
最近のテニスコートは、オムニコートが多いですね。
町のハードコートは、管理がずさんになっていて
整備されているところが、少ないです。
89|なかむら|20100327004230

ハードコートでやると足腰がかなり痛くなるので苦手です。ボールがイレギュラーするけど、やっぱりクレーコートがいいですよ。伊達さんが以前オムニコートは日本だけだから世界に通用するジュニアが育たないと言っていましたが、ジュニアの子たちはハードコート中心に練習した方がいいんですかね。
91|KEI|20100327191205

なかむらさんへ
ハードコートで世界に通用するプロに
なりたいのであれば、ハードコートで
練習する必要はあるでしょうね。
94|marat|20100403204243

お返事ありがとうございます。
とても興味深かったです。

確かにウィークエンドプレーヤー等の方ならオム二の方がいいかもしれませんね。

私自身まだ学生ですが、テニスプレーヤーとしてテニスに生涯を注ぐ考えなので少しシリアスプレーヤーに偏った考え方をしてしまったかもしれません。

コートのみには限りませんが、やはり各々の身体レベルやトレーニングレベル、テニスをする目的を統合して正しい知識に照らし合わせて自分にあったものを選択することが大事ですね。

ありがとうございました。
95|KEI|20100403224939

maratさんへ
テニスに生涯を注ぐ方に当ブログを読んで
頂いてとても光栄です。

プロも生身の人間ですから、疲労がたまれば
錦織 圭プロのように怪我もします。

でも、プロともなれば、目的に合わせて自分を
変え、能力を上げていくことも大事ですよね。
頑張ってください。
96|勝利の女神|20100422152944

こんにちは!
ブログ王ランキングのカテゴリーを
「趣味とスポーツ」に引越し、ご挨拶に伺いました。
よろしくお願いいたします。
ご挨拶ランクリさせていただきます(^^)
足への負担は、地面によって違いますよね。ランニングでも感じます。
そういうことを知っておくことが大切なんだと感じました。
ありがとうございます!
97|KEI|20100425114441

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
ランクリありがとうございます。
こちらからも「勝利の女神」のブログへ
応援ランクリさせてもらいました。


100|-|20101214145059

このコメントは管理者の承認待ちです
110|-|20130213005447

このコメントは管理者の承認待ちです
ハードコートの弊害について

前回の記事でコメントを頂きましたので、今回はこの件で回答します。

ハードコートでテニスをするのが良いかオムニコートでテニスをするのが
良いかは、テニスをする人の目的によると思います。

前回のブログに書いたのは、特に一般人の場合、膝の負担や故障を
少なくするには、オムニコートの方が良いでしょうということです。

これは、自分の経験を基に述べた意見ですが、私も当初から、ハード
コートが好きでした。

全豪オープンテニスコートは、ハードコートですが、ゴムチップマットを
余分に敷いてクッション性を高めているようですね。

でも、かなり高価になるので、一般人が使うハードコートに敷くのは
無理があるようです。

テニスコートについての参考ブログサイトへ>>>

私はサービスが速い方なので、これが武器になりハードコートでは、
サービスだけでポイントが取れたり、サーブ&ボレーでポイントが
簡単に取れるからです。

また、ハードコートでは、グリップ性が良いのでアプローチでのボレーや
ストロークが安定して打ちやすいです。

しかし、このハードコートのグリップ性が良いということが、膝への負担を
大きくしているのです。

オムニコートでは、砂があるため滑りやすく打ちにくいのですが、
ストロークやネット際に落ちたボールなどでは、スライドしながら
止まって打つことができます。

ハードコートでは、走ってきて、滑らず急激に止まって打ちます。
急激に止まると、膝関節に大きな負担が掛かります。

スピードの乗った自分の体重が、止まった時に膝関節にかかる
のです。

スピードの出しすぎた車が、壁や電柱への衝突で大破すること                                       からもスピードによる衝撃の激しさは想像できるでしょう。

スライドしながら止まると、スライドしている間は、筋肉への負担は
増えますが、スピードを減速して止まるので膝関節への負担は
少なくてすみます。

膝関節には、骨のつなぎ目に半月板というクッションがありこれが、
骨同士の摩擦や衝撃を防御して骨を保護しています。

しかし、衝撃の負担が大きいと疲労などで、この半月板自体が損傷
してしまいます。

オリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子選手は、この半月板                                   損傷のため、選手生命を断たれましたね。

半月板は、損傷すると再生しませんので、手術で元のように完治
させることもできません。

私もハードコートの試合でこの半月板を損傷させてしまい、医者から
は、従来のテニスは、できないだろうと言われました。

確かに、一般のハードコートでは、シングルスの場合、半月板損傷に                                     より 走りこみ時の衝撃が痛くて試合どころではありません。

しかし、オムニコートでは、芝の厚みのクッションで衝撃が緩和され、
また、スライドできるので今のところ走りこみも可能です。

こんな理由から、膝関節の負担や故障を少なくするには、オムニ
コートが良いというのが私の意見です。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(10) | 20150325232226 | 編集
87|みき|20100326174120

私は、オムニコートでテニスをやっています。コートで選んだのではなくてクラブがそこでやっていたのでそうなってしまいました。
ウォーミングアップなどで膝の負担を軽くしてあげるしかないようです
ね( ^-^)
応援ポチ!
88|KEI|20100326222513

みきさんへ
最近のテニスコートは、オムニコートが多いですね。
町のハードコートは、管理がずさんになっていて
整備されているところが、少ないです。
89|なかむら|20100327004230

ハードコートでやると足腰がかなり痛くなるので苦手です。ボールがイレギュラーするけど、やっぱりクレーコートがいいですよ。伊達さんが以前オムニコートは日本だけだから世界に通用するジュニアが育たないと言っていましたが、ジュニアの子たちはハードコート中心に練習した方がいいんですかね。
91|KEI|20100327191205

なかむらさんへ
ハードコートで世界に通用するプロに
なりたいのであれば、ハードコートで
練習する必要はあるでしょうね。
94|marat|20100403204243

お返事ありがとうございます。
とても興味深かったです。

確かにウィークエンドプレーヤー等の方ならオム二の方がいいかもしれませんね。

私自身まだ学生ですが、テニスプレーヤーとしてテニスに生涯を注ぐ考えなので少しシリアスプレーヤーに偏った考え方をしてしまったかもしれません。

コートのみには限りませんが、やはり各々の身体レベルやトレーニングレベル、テニスをする目的を統合して正しい知識に照らし合わせて自分にあったものを選択することが大事ですね。

ありがとうございました。
95|KEI|20100403224939

maratさんへ
テニスに生涯を注ぐ方に当ブログを読んで
頂いてとても光栄です。

プロも生身の人間ですから、疲労がたまれば
錦織 圭プロのように怪我もします。

でも、プロともなれば、目的に合わせて自分を
変え、能力を上げていくことも大事ですよね。
頑張ってください。
96|勝利の女神|20100422152944

こんにちは!
ブログ王ランキングのカテゴリーを
「趣味とスポーツ」に引越し、ご挨拶に伺いました。
よろしくお願いいたします。
ご挨拶ランクリさせていただきます(^^)
足への負担は、地面によって違いますよね。ランニングでも感じます。
そういうことを知っておくことが大切なんだと感じました。
ありがとうございます!
97|KEI|20100425114441

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
ランクリありがとうございます。
こちらからも「勝利の女神」のブログへ
応援ランクリさせてもらいました。


100|-|20101214145059

このコメントは管理者の承認待ちです
110|-|20130213005447

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。