FC2ブログ

最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
フォアハンドストロークのグリップは・・・

近年は、フォアハンドストロークのグリップは、セミウエスタンかウエスタンで

握っている人が多いかと思います。

年配の人は、イースタンで握っている人が多いかもでしれません。

でも、トップスピンを打つには、イースタンでは、打ちにくいです。

私も、トップスピンを打つために、初心者のころは薄めのセミウエスタンにして

いました。

安全にコートに入れるには、トッピスピンは欠かせないものです。

ネットダッシュしてくる相手の足もとやシングルスで、アングルに打ったりするにも、

トップスピンは効果的です。

トップスピンを打つには、ラケットのヘッドを手首の高さよりも低い位置に下げて

飛行機が滑走路を離陸するように、上へと上げていきます。

イースタンでは、その握りのため、ラケットのヘッドを手首の高さよりは、下げにくい

のです。

初心者の方が、フォアハンドを打つ場合、フォームが固まっていないため、

イースタンで握った方が、振りやすいかもしれません。

でも、ウイークエンドプレーヤーがフォアハンドをものにするには、セミウエスタン

が一番、うまく行きやすいと思います。

セミウエスタンの方が、ウエスタンに比べ、ラケット面が自然と地面に対し垂直に

なるため、フラットドライブに対してもスイングしやすいのです。

私の場合、最初から、セミウエスタンでしたが、途中までは、薄めのセミウエスタン

でした。この握りの方が、初心者には、スイングしやすかったのかもしれません。

しかし、シングルスクラスに入ると、フラットドライブの打つ必要性をすごく感じて、

練習したのですが、うまくいきませんでした。

練習していくうちに分かったのですが、このうまくいかない要因の一つが、薄めの

セミウエスタンでした。

普通の厚めのセミウエスタンにすることで、フラットドライブがうまく打てるように

なりました。

ちょっとした握りで、スイングの感じは変わりますので、フォアハンドに限らず、

ショットがうまくいかない時は、グリップを変えて試してみると良いでしょう。


ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

フォアハンドストローク | コメント(4) | 20171127224956 | 編集
70|みき|20100228165702

グリップの握り方大事なんですね。
あまり意識しないで握っていました。握り方から見直さないといけないですね。
71|KEI|20100228180106

みきさんへ
グリップの握り方の差異がわかるようになれば、
幅の広いテニスができるようになると思います。


72|みき|20100305180149

グリップの握り方を見に付けて幅の広いテニスが出来るようになりたいと思います (*^-^*)応援ポチ
73|KEI|20100305212610

みきさんへ
いつもありがとうございます。
スピード、コース、回転が一番安定してコントロールできる
グリップを身につけられたら良いと思います。
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天