最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
66|みき|20100225172939

ボレーは、グリップに力を入れたり緩めたりするタイミングが
重要なんですね。なかなかそこまで気がいかないですね。
やはり、バックは難しいですね。
ラケットの握り方もちゃんとマスターしないと思う所に打てないのですね。納得しました。
67|KEI|20100225194739

ダブルスでは、ボレーがうまくなると面白さが倍増します。
逆に、ボレーで相手に決められると試合の流れも悪くなるので、
頑張ってくださいね~。
68|みき|20100227221539

KEIさん こんばんは!
テニスは握り方やはり基本道理に
やらないとうまくいかないのでしょうか。今、自己流でラケット握っているのですが、上達するにはやはり基本に沿ってにぎるべきでしょうね。
69|KEI|20100227233349

みきさんへ
基本そのものに固執する必要はないと思います。
特に初心者の方は、基本に近くて自分にあった
握りで始めれば、良いと思います。

ただ、幅の広いテニスをしようと思うと基本から
大幅に外れた自己流では、難しいでしょう。
ボレーの打ち方のコツ

ボレーは、一度コツをつかんでしまえば、サービスやストロークよりも安定しやすい

のではないでしょうか。

ただ、昔は、サーブアンドボレーヤーが今よりも多くいたので、ボレーで展開するプレーが

多く見られたのですが、最近は、目立たなくなってきています。

ボレーのうまいプレーヤーといえば、サーブアンドボレーヤーのエドバーグやサンプラス

がすぐ目に浮かびますね。。

現在では、やはり、フェデラーだと思います。

ボレーは、サービスやストロークよりも動きは、少ないのですが、苦手にしている人も多い

ですね。

ボレーでは、よくタッチの感覚が大切だと言われますが、ノーバウンドで飛んでくるボールに

対してインパクト前後でグリップに力を入れたり緩めたりするタイミングが難しいのでしょう。

この前スクールで、左手でボレーをする練習がありました。

私は、ボレーは得意なのですが、左手では全然うまくできませんでした。

この練習の意味については、聞きそびれたのですが、グリップに力を入れたり緩めたり

するタイミングがうまくあっていないのだと思います。

ボレーで大事なのは、上記のタイミング以外に、グリップの握り方です。

よく、教本にはボレーは、コンチネンタルグリップでと書かれていますが、私の場合、

このグリップでやっている間、ボレーが得意といえるほど自信はありませんでした。

私は、試行錯誤で会得したのですが、フォアボレーでは、コンチナンタルグリップよりも

やや厚めに、バックボレーでは、逆に薄めに握るのです。

これは、「トッププレーヤーのベストショット」というテニスマガジン増刊の技術本にも記載

されています。

最近の教本や雑誌の教えは、フォアハンドの左手の使い方にも例で上げましたが、

昔に比べて、だいぶと修正されてきていると思います。






ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ボレー]
ボレー | コメント(4) | 20150223222003 | 編集
66|みき|20100225172939

ボレーは、グリップに力を入れたり緩めたりするタイミングが
重要なんですね。なかなかそこまで気がいかないですね。
やはり、バックは難しいですね。
ラケットの握り方もちゃんとマスターしないと思う所に打てないのですね。納得しました。
67|KEI|20100225194739

ダブルスでは、ボレーがうまくなると面白さが倍増します。
逆に、ボレーで相手に決められると試合の流れも悪くなるので、
頑張ってくださいね~。
68|みき|20100227221539

KEIさん こんばんは!
テニスは握り方やはり基本道理に
やらないとうまくいかないのでしょうか。今、自己流でラケット握っているのですが、上達するにはやはり基本に沿ってにぎるべきでしょうね。
69|KEI|20100227233349

みきさんへ
基本そのものに固執する必要はないと思います。
特に初心者の方は、基本に近くて自分にあった
握りで始めれば、良いと思います。

ただ、幅の広いテニスをしようと思うと基本から
大幅に外れた自己流では、難しいでしょう。
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。