最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
どのショットもグリップは大切

テニスを始めて、特に違和感を感じたショットは、サービスです。

教本を見るとサービスのグリップは、コンチネンタルグリップと書いてあります。

包丁を持つときの握りでラケットのグリップを持って、ラケット面にボールを当てて

真っすぐ飛ばすなんて、至難の業だと思いました。

やってみると、やっぱり、ボールは、思った方向へ飛んでくれません。

コンチネンタルグリップで持って、サーブのスイングをすると、フォワードスイングの

始めは、ラケットのエッジの方向からボールに向かいます。

インパクトの直前あたりで、前回のお話のように手の平を内側から外側へ返して、

ラケッット面にボールを当てます。

この動作を内転と呼びます。

フラットサービスの場合は、ラケット面が内側から外側に向く間で、正面方向を向いた

時にボールをインパクトしないといけないので、初心者には、難しいでしょう。

特に初心者の内は、もう少し厚めのイースタングリップで始めたほうが良いかと思います。

厚めのグリップの方が、内転時のラケット面の移動範囲が少ないので、ラケットの動きが

少なくボールを当てやすいでしょう。

サービスのグリップで注意しないといけないのは、金づちを握る時のようなウエスタングリップ

で打つことです。

このグリップでは、内転動作ができず、ラケット面が正面を向いたままのスイングになって

しまいます。

初心者には、ラケット面の方向がスイング中、変わらないのでボールを当てやすいのですが、

インパクト後、ラケットがお辞儀する時に手首を痛めてしまいます。

最初は、厚めのイースタングリップで、ボールを当てることに慣れて、軽いスライス回転が

掛けれれば良いかと思います。

フォームが固まってきたら、もう少し、グリップを薄くして行って、しっかりとスライス回転を

身につけましょう。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20150220203039 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
     © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。