FC2ブログ

最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
フォアハンドフォームのイメージは・・・

テニスを始めたころは、フォアハンドストロークのフォームのイメージは、とにかく、コートに入れるために、下から上へのスイングでトップスピンをかけることをイメージして打っていたことを覚えています。

初心者のころは、左手の位置は、スタンスは、テイクバックはどうあるべきかと考える余裕はないでしょうが、そのうち、フォームは固まってきて、コートには入るようになってきます。

ある程度、安定してくるとスクールの中上級者クラスには、入れるようにはなりますが、シングルスの試合で勝とうと思うと、ボールコンロールができないとだめだなと感じて来ます。

スクールや仲間内でやっている限りでは、追い込まれませんので、向上欲は止まってきますので、やはり、試合に出て勝ちたいと思う気持ちが、上達のスパイスになります。

そんな気持ちで考えたフォアハンドストロークですが、私は、野球のバッティングをイメージすることで、上級者レベルで試合に勝てるフォアハンドに進化させることができました。

フォアハンドはピッチングだとか、バックハンドだとか言われるコーチもいますが、ボールを飛ばす体の動きは、バッティングのフォ-ムが一番効率的だと思います。

大きな球場でホームランをかっ飛ばせるフォームなのですから、フォアハンドに取り入れれば、すばらしいウイニングボールをコートに突きさせることは、間違いないでしょう。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

フォアハンドストローク | コメント(1) | 20171012232625 | 編集
107|-|20120726205802

このコメントは管理者の承認待ちです
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天