FC2ブログ

最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム
ボールのインパクトでは・・・

ストロークのインパクト時では、古い教本をみると、〝ギュッ〟と力を入れて握るというような解説をされていることが往々にしてあります。

確かテニス雑誌のスマッシュ2月号にも、この件に関して記述があったのですが、テニススクールのコーチからは、〝ギュッ〟と力を入れて握るのではなく、ラケットを支持するだけの軽い力でインパクトするように教えられました。

〝ギュッ〟と握ることで、腕の筋肉が固くなってしまして、ラケットのヘッドスピードが落ちてしまうのです。

これにより、ボールのスピード、回転およびボールの伸びや威力は、落ちてしまい、ミスショットとなってしまいます。

この〝ギュッ〟と力を入れて握る行為は、ストロークに限らず、全てのショットに共通の事柄で悪い結果になってしまう要因となります。

筋肉が固くなるというのは、〝ギュッ〟と握る行為以外にも、いろんなケースがあり、この現象を出さないようにすることが、テニスでは、重要なポイントではありますが、無くすことは困難なことです。

この筋肉を固くする要素が多々あるフォームで打っているのが初級者であり、上達するにはこれを無くすことにポイントを置いて、自分のフォームを作ることが肝要です。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

フォアハンドストローク | コメント(0) | 20170929195402 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2018 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天