最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

最近、特に気になるのが、サービスのトスアップとテイクバックです。 
 
サービスでは、ラケットのヘッドスピードを上げるには、構えからフォロースル
まで脱力が大切です。 構えの時、ボールを握ってる左手でラケットを支えると
左腕の力が入ってしまい、トスが思うように上げられなくなります。 
 
ラケットを支えないとトスはうまく上がるのですが、今度はテイクバックに力が
入ります。 女子プロでも、トスを上げるのに苦労している場合があります。 
 
上記は、体重移動を前から後ろと移す過程で行うと解消されやすいのですが、
今度は、体重移動することで体の重心が不安定になりフォームが乱れること
に繋がります。  
 
ラケットの支えと体重移動は、筋力のあるプロ 選手では、それほど、気になら
ないようにも思えますが、実際は、基本に忠実な選手がほとんどです。  
 
①左手でラケットを支えるのと支えない。
②前から後ろへの体重移動を行うのと行わない。

プロの場合、①と②でラケットを支える、体重移動を行う選手がほとんどで
しょう。

しかし、ラケットの支えと体重移動を工夫することで脱力の妨げやバランスの
崩れを起こさない フォームは、個人々でアレンジできると思います。

今日は、中上級者クラスでテニススクールのレッスンを受けましたが、バランス
を崩しながら、サービスを打っている人が見受けられました。 
 
①バランスを崩さない。
②力まない。
③構えからフォロースルーまでラケットの重みに逆らわない。
 
上記の3つが行えているか、サービスを打つときにチェック
してみてください。

フェデラーのサービスの動画を見てみると分かりますが、癖がなく基本に忠実
で 一番オーソドックスな打ち方なので、素人の見本になります。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151226214016 | 編集

ボレーを打つ場合のグリップは、特にフォアの場合、ハンマーを握るような
ウエスタングリップ は、手首を痛めやすいので、極力避けましょう。

バックボレーの場合は、逆に、力が入りやすくなるので、薄めのセミウエスタン でも大丈夫です。

ボレーには、スライス回転をかけながら打つ場合と回転をかけずにフラット面
で打つ場合が あります。

ボレーの球種の使い分けは、ケースバイケースなのですが、相手のボールが
ネットより高くて速いフラットドライブの場合は、フラットな面で返します。

トップスピンがかかっていて、ネットより低いボールの場合はスライス回転を
かけて返します。

また、ボールの飛びをコントロールしてラインの内側に落としたい場合は、
スライス回転を かけた方が、入りやすくなります。

初級者の場合は、最初はフラットな面で打ち、フォームが安定し慣れてくれば、
スライス回転をかけたボレーを覚えていけばよいと思います。

但し、スライス回転をかける注意事項として、ボールがインパクトしてすぐに
自分から手首をすぐ返してしまうとボールは、浮いてしまったり飛距離が
でませんので注意ください。

ボールをフラット面でしっかり捉え、ラケットを前に押し出す時に自然に面を
ねかしましょう。

ネットにフェデラーのボレーの動画がありましたので、参考にしてみて下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

 

関連記事 [ボレー]
ボレー | コメント(0) | 20151219232947 | 編集

スプリットステップについて、中上級者であってはよく知らず、行っていない人がいる
のではないでしょうか?

私も、サーブ&ボレーの1stボレーの時するのだなあと漠然と行っていました。

当時、サーブ&ボレーの名手といえば、歴代のNo.1 プレーヤー であるステファン・
エドバーグです。
恐ろしいほどエビゾリをして、ツイストサーブを打ち、華麗にスプリットステップを
して1stボレーを行います。

ピート・サンプラスは、スピードとプレースメントを兼ね備えたサービスでサーブ&
ボレーを行っていましたが、エドバーグは激しくキックするスピンサーブでサーブ
&ボレーをしており、両者は一味違うサービス&ボレーヤーです。


どちらのプレーヤも流れるようなサービスからのダッシュでボレーを行い、しびれる
様な華麗さでポイントを決めていました。

スプリットステップは、ボレーに限らず、ストロークのラリー中やサービスリターン
でも行います。



スプリットステップというとよくジャンプするようにと雑誌などで表現されている場合
があります。

しかし、大きくジャンプしたスプリットステップは上下動が激しく、目線ががブレて
しまって、すばやく対応するには逆効果になます。


スプリットステップのコツは、上に飛ぶというよりは、両膝を軽く曲げ、しゃがみこむ
(腹筋を使って重心を落とす)ようなイメージで行うと良いです。



フェデラーのストロークの練習でスプリットステップしている動画ありましたので、
イメージして試して見て下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

スプリットステップ | コメント(0) | 20151206003706 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2015 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。