最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

テニスの試合では、サービスとリターンは、ポイントの始まりであり、重要であることはいうまでもありませんが、リターンは軽視されがちです。特にダブルスでは、きちんとコントロールしてリターンしないと、相手前衛の餌食になります。

今回は、リターンのお悩みについてです。

1.お悩み : 相手サーブへの反応が遅れる
2.回答(ワンポイントレッスンの教本より):
  その場で、上下動を押さえ、ヒザをグッと入れるだけのスプリットステップを行う。ポーンと跳ぶと目線がぶれて、十分に相手を観察できないので、NGだ。特に速いサーブに対しては、ヒザをグッと入れるだけを心掛けて欲しい。
3.Myコメント :
テニススクール生でスプリットステップをキチンと行っている人は少ないです。私自身も何年もスクールに通っていましたが、スクールで教わらずに、テレビで放映されているグランドスラムの試合でプロが行っているのを見て会得しました。私が行っていたスクールでは、スプリットステップの練習は行っていなかったと記憶しています。

スプリットステップは、軽視されがちですが、ショットを打つ前の大変重要な儀式です。ファーストボレー、パスに対するボレー、ストローク、リターンをする時には必要な動作であり、これをしないと反応が遅れるだけでなく、左肩(右打ち)を入れられず、手打ちになってしまいます。

ファーストボレーの場合は、走ってきた勢いでステップしやすいのですが、ストロークやリターンの場合は慣れないとなかなか身に着きにくいでしょう。ウイークエンドプレーヤのテニススクール生の場合、レッスンの間隔があくと忘れがちなので、向上意識を強く持ち続けることが必要です。

それとスプリットステップは、つま先からの着地が重要です。かかとから着地して、体重を後ろ残しては、相手ボールに対する反応が遅れ、スプリットステップをする意味がありません。

構え→スプリットステップ→ボディターンの動作を素早く行うことが、リターン成功の秘訣です。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [リターン]
リターン | コメント(0) | 20140726001657 | 編集

今回は、昨日の記事のコメントで頂きましたサービスでのお悩みについてです。

1.お悩み:
サービスの時にトロフィーのポーズを一瞬つくり、ラケットヘッドをダウンさせてからボールを打ちに行っているんですが、ボールバウンド後に伸びがなくすぐに失速してしまい、変だと思い自分のスイングを録画してみたら、ラケットが落ちきっていない状態から(つまり完全に落ちきらず中途半端な状態)打ちにいってしまう。

2.回答(ワンポイントレッスンの教本より):
ラケットの重みを利用して、ストーンとラケットヘッドを落とす。下手な腕力の使い方とは、ギュと握ってしまって、手首を固めてしまう例。腕をいくら振ってもラケットヘッドが、落ちない。つまり、ラケットの重みを利用できず、鋭く振り下ろせない。

ラケットヘッドをストーンと落とす感覚を得るために、小指を外して振ってみるとよい。力が抜けるというより、力が入らないから、手首が自由に動いて、ラケットヘッドの重みを生かしたスイングができるようになる。感覚を得たら、あらためて小指をグリップに掛けてもラケットヘッドが落とせるようになる。

3.MYコメント
ラケットヘッドをきちんと落としてサービスを打つのは、易しくないですし、社会人になってからテニスを始めたウイークエンドプレイヤーや女性は、ほとんど出来ていないでしょう。ラケットヘッドをきちんと落としてサービスを打つには、まず、次の条件が必要がです。

①野球の投球動作が、できること。スピードボールを投げたり、遠投したりする場合の肩、肘、腕、手首の動作が、サービスの動作と同じであるためです。

②ラケットをコンチネンタルグリップで持って、ボールに回転が掛けれる。

上記のことができても、ラケットヘッドが落ちない要因としては、教本の回答のように力が腕や手首に入っている場合の他に、トロフィーのポーズをとった時に、ラケットを持った肘が下がっている場合があります。

テイクバックしている時は、同時にボールトスに集中しなければならないし、自分の目で直に確認できないので、肘が落ちていることには、気が付きにくいです。肘が落ちた状態で、フォワードスイングにいくと、ラケットヘッドは中途半端な落ち方になります。

肘が落ちている時は、脇が閉まっているので、脇をあけて、トロフィーのポーズをとることが必要です。プロで見本となるのは、フェデラーのサービスのフォームです。雑誌やネットでフェデラーのサービスの連続写真をじっくり見て、ラケット引き上げ方を真似ることは改善策につながるはずです。

コンチネンタルグリップの握る(ラケットのエッジは真上の状態)



 コンチネンタルで構えた時   イースタンで構えた時
(ラケット面は地面に対し斜め) (ラケット面は地面に対し垂直)
  

ラケットヘッドの重みを生かしたスイングをするために、ラケットを下記の写真のように、長めに握ることも有効です。


ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(2) | 20140718213817 | 編集

今日は、サービスについてのワンポイントです。

Q : 「回転が十分にかからない」 「スムーズに振りぬけない」
A : テークバックで手首を緩めておく。
 手首を柔らかな状態に保つことは、回転系サービスを打つのに非常に大切な要素です。手首を固めて(角度を付けて)しまうと、エッジ方向から振り出すスイングがやりにくくなります。

トップスライスサービスは、エッジからボールに向かっていくスイングで打ちましょう。手首を緩めておけば、エッジから入りつつ、インパクトで面を適切に返して、ボールをうまく擦れるようにないります。

My コメント : かつて、バンザイ型テークバックに始まる大きな円運動スイングをしていた時代は手首を緩めてテイクバックしていましたが、現在は、体幹を横に捻りながらテイクバックするやり方が主流です。

この捻転型テイクバックでは、ラケットが立った時に一瞬の静止状態があります。このときの肘と手首の角度は一定しています。従って、ある程度は手首を少し内側に曲げて、少し力を入れます。力を入れすぎてはいけません。

ただし、ラケットを構えたときからテイクバックしてラケットを立てる時まで、握る強さはあまり変えません。この時に力が入るとフォワードスイング時にヘッドスピードが上がらず、ボールに回転やスピードを与えることは難しいでしょう。


ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(2) | 20140716225109 | 編集

学習研究社から出版されたテニス ワンポイントレッスン500という教本を購入しました。この本は、TTテニス雑誌社が編集したものです。、日本代表チームの監督・コーチから、元トッププロ、超人気スクールのカリスマコーチなどが、ストロークやサービス等の各ショットについてのワンポイントレッンを記載したものです。

内容としては、写真入りで、TTテニス雑誌にこれまで記載していたものをまとめて編集した感じです。さらなる、テニス技術向上をめざして購入したのですが、このようなワンポイントレッスンは、“目からウロコ”のものから、意味不明のものもあります。

または、読んだ時は気がつかず、後で、そのような場面にあって、なるほどと理解できたり、自分で見つけたコツが、同じように記載されていたりする場合もあります。

このような、ワンポイントレッスンをこのブログで取り上げて、経験から自分なりの考えを記載していきたいと思いますので、
ご参考になればと思います。

●フォアハンド
 Q.トップスピン回転がかからない。
 A.グリップは、セミウエスタンからウエスタンにすると回転をかけやすい。
 C.(コメント):トップスピン回転がかからないからと言って、グリップをいきなりセミウエスタンからウエスタンにするのは、やりすぎだと思います。グリップが変わるとスイング軌道が変わります。でも、少しだけずらして厚くしたり、うすくするのは有効です。
私は、セミウエスタンですが、スピン過多でフラットドライブが打てなかったので、少しだけ薄くずらして、手の平でグリップ面を
支えやすくすることで改善でき、フラットドライブが打てるようになりました。

 テニスは、チョットしたことで、上達する場合もありますが、それはある段階まで、基本が出来ていることが前提だと思います。
チョットしたことをいくつか組み合わせないと、改善できない場合もあり、根気よく取り組むことが重要だと思います。

テニスではないのですが、日曜日にプロボーリングのPリーグという番組があり、ここに出ている女子プロの方で、練習しているときは、必ず、悪いと感じたところをメモしています。このメモを試合の時に、見て、同じ過ちを繰り返さないようにするのです。

そういえば、錦織圭も、同じように昨年の全米オープンでノートを見て試合をしていましたよね。ウイークエンドプレーヤは、練習の間が空いて悪かったことや良かったことを忘れやすいので、メモることをお薦めします。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

フォアハンドストローク | コメント(0) | 20140712162354 | 編集

今年の10月に HP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS 2009 開催されます。この大会は、大阪で、初めてのWTAツアーです。

大会の位置づけとしては、WTAツアーのカテゴリーでインターナショナルに属し、従来のティアⅢの大会がグレードアップしたものになります。

国内の出場選手は、下記の通りです。

1.本戦出場
  クルム伊達公子

2.予選出場
  森上 亜希子、奈良くるみ


実質的には、昨年まで、東京で行われていた JAPAN OPEN の中で行われていた女子の大会が、大阪に移ることのようです。

今週の月曜日に記者会見があり、森上 亜希子、奈良くるみが予選出場を表明していましたが、海外選手の発表はありませんでしたが、誰が来るのでしょう?

本戦の出場選手の人数枠は32名なのですが、大会のレベルからして、昨年までのJAPAN OPEN と同じような顔ぶれではと推測しますが...。

チケットは今週の月曜日から、すでに発売されています。開催会場と試合日程は次の通りですが、詳細はホームページを参照ください。

大会期間 :【予選】2009年10月10日(土)〜12日(月・祝) 3日
       【決勝】2009年10月12日(月・祝)〜18日(日) 7日

大会会場 :大阪市・靱テニスセンター
       大阪市西区靱本町2-1-14(靱公園内)

HP JAPAN WOMEN'S OPEN のホームページ


大阪の靱公園であるので、関西在住の方は、近くで開催される非常にうれしい大会ではないかと思います。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(0) | 20140710003100 | 編集

テニスのウィンブルドン選手権決勝、第2シードのロジャー・フェデラーが、第6シードのアンディ・ロディックを5-7、7-6、7-6、3-6、16-14で下し、6回目の優勝を果たしました。

これで、フェデラーは、サンプルスのグランドスラム14勝を抜いて、単独で歴代グランドスラム最多優勝者となりました。また、ATPランキングもナダルを抜いて、1位に返り咲くことになりました。

総括的には、両者とも、サービスが好調で、ビッグサーバ同士の戦いとなり、ゲームが淡々と進む内容で、少しのイージミスが命取りになる試合展開でした。

1セット目は、終盤まで、ロディック、フェデラーの1stサービスは80%近くあり、両者とも危なげなく、サービスをキープし続けた。ところが、11ゲーム目でロディックは、ブレークポイントを握られる波乱があったが、5回のデュースの末、なんとかキープすることができた。

しかし、この苦労が、次のフェデラーのサービスをブレイクするのにつながり、ロディックはセットを取ることができた。

2セット目も、両者とも1stサービスが好調で、サービスキープが終盤まで続き、タイブレークとなった。
タイブレークは、6-2とロディックがフェデラーを追い詰めたにもかかわらず、詰めがあまく、6-8で逆転された。

3セット目は、両者サービスキープで、タイブレークとなり、今度は、フェデラーが先行して、そのまま、ものにした。

4セット目は、ロディックがフェデラーのサービスを、また、8ゲーム目でブレイクして、そのまま押し切った。

最終セットは、フェデラーが、先行でサービスを行い、そのまま、両者サービスブレイクはないものの、17ゲーム目のフェデラーのサービスで15-40のチャンスがロディックにあったが、取りきることができなかった。

29ゲーム目まで、サービスゲームキープで、ガップリ4つの試合展開であったが、30ゲーム目のロディックのサービスゲームをフェデラーがブレイクして、劇的な試合は終止符となった。

今回の決勝は、2004年、2005年の時とは比べ物にならないし、どちらが優勝してもおかしくない試合でした。

ロディックの高い打点で打つ改良されたフォアハンド、高速ながら、プレースメントと確率を高めた1stサービスが、フェデラーを苦しめた試合でもありました。

今後のロディックの活躍を期待したいと思います。


ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(2) | 20140706175140 | 編集

テニスのウィンブルドン選手権第11日目、男子シングルス準決勝で、2年ぶり6度目の優勝を狙うロジャー・フェデラー(スイス)が7-6、7-5、6-3のストレートで第24シードのトミー・ハース(ドイツ)を下し、7年連続で決勝に進みました。

7年連続の決勝進出は大会が現行のトーナメント方式になった1922年以降初めてです。フェデラーは四大大会で20度目の決勝進出で、歴代単独最多となりました。

一方、もう一つの準決勝は、第6シードのアンディ・ロディック(米国)が第3シードのアンディ・マリー(英国)を6-4、4-6、7-6、7-6で下し、4年ぶり3度目の決勝進出を決めました。

 
5日の決勝は、ロジャー・フェデラー(スイス)とアンディ・ロディック(米国)の対戦となりました。ロディックは2004、05年の決勝でともにフェデラーに敗れています。

しかし、マレーとの対戦では、これまでのロディックとは、違う技術が目立ち、これが、マレー戦の勝利につながったのではないかと思います。

まず、一つ目がサービスです。スピードは、以前どおり220km/s前後と従来どおりなのですが、プレースメントがかなり厳しいところに決まっていました。特に、センターへのサービスラインT字付近のサービスは、さすがのマレーもレシーブできたいませんでした。

2つ目が、フォアハンドです。以前は、バンドしたボールが落下してきたところ、つまり、打点を落として打っていたのですが、今回は、結構、高めの打点でフラット気味に打てるようになっていました。

特に、印象的なのは、マレーのセカンサービスを回りこんで、高い打点でフラットで、エースを取るような場面がありました。

3つ目は、アプローチショットでのボレーです。この攻めは、従来のウインブンルドンでも行っていましたが、ボレーのタッチが以前よりうまくなっており、マレー戦でもドロップショットがよく決まっていました。

対フェデラー戦ですが、マレー戦でもかなりプレッシャーを与えていたファーストサービスが、どれだけの確率で決まるかが、鍵だと思います。それと、ネットへのアプローチで、どれだけ、フェデラーにプレッシャーを与えるかででしょう。

サービス、ストロークのプレースメントは、どうみても、フェデラーのが方が、優位だと思います。対ナダル戦で、バックハンドの技術が、向上しているフェデラーに対し、つけ入るスキはほとんどありません。

いちるの望みとしては、ファーストサービスを、ガンガンと決めて、フェデラーのリズムを崩すことが、一番の勝機では、ないかと思います。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(-) | 20140704105918 | 編集

テニスのウィンブルドン選手権の準々決勝、第2シードのロジャー・フェデラーが第22シードのカルロビッチを6-4、7-5、7-6のストレートで下し、準決勝でハース対ジョコビッチの勝者と対戦することなりました。

今回の準々決勝の組み合わせは次の通りですが、フェデラーにとっては、ハース、ジョコビッチのどちらもこれまでの対戦者よりは、戦いにくい相手ではないでしょうか。

男子ベスト8、準々決勝(QF)の組み合わせ
①ヒューイット 対 ロディック(6)
②マレー(3) 対 フェレーロ
③ハース(24) 対 ジョコビッチ(4)
④カルロビッチ(22) 対 フェデラー(2)

ハースは、芝のコートで必要な経験が豊富で、精神的にもくずれにくい上に、全仏では、フェデアーをかなり追い詰めていました。

ジョコビッチは、若いので、芝の経験は少なく、精神的に崩れやすいところがあるものの、フェデラーを
幾度となく倒している経験があります。

しかし、今日のWOWOWのインタービューでは、フェデラー本人は、今回は調子がとても良いとのコメントであるし、これまでプレーを見ていても確かに調子が良さそうなので、どちらが来てもフェデラーに分がありそうです。

そうは言うものの、個人的には、若いジョコビッチに頑張ってもらいたいし、すばらしい試合を見せてくれることを期待したい。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

関連記事 [雑記]
雑記 | コメント(0) | 20140701230210 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2014 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。