最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

最近、テニススクールを変えました。
膝を痛めてしまったので、シングルクラスは、しばらく、休憩です。

この不景気のせいか、スクールもだいぶとユーザビリティが良くなって
きているところがあります。

例えば、下記のような点。
・レッスン振り換え手数料が無料。
・WEBでレッスン振り換えが可能
・レッスン振り換えはレッスン30分前まで可能
・レッスン振り換え後の再変更可能

上記のお陰で、急に都合が悪くなっても、行けなくて
レッスンを流してしまうことが無くなり、、行きたい時に
いけるようになりました。

でも、自分のレベルにあったクラスが自分の都合に合わない
時などがあり、スクールを選ぶ必要があります。

レッスン内容もスクールによって若干の違いがあり、お試し
レッスンである程度、調べることができます。

ただ、もう一点、ぜひ、ユーザビリティを変えてほしいところ
あります。

それは、クラスレベルの選定方法ですが、スクールによっては、
これまでの経験から、同じようなレベルのクラスに入れて
もらえます。

しかし、あるスクールでは、その経験が活かされずに、画一的に
決められてしまう点です。

クラス内の個人のレベルも、かなり、ばらついている場合があり、
この点は、従来からまったく改善されていません。

コーチによっては、低いレベルの人に合わせて、レッスンを
受けなさいという感じの発言をされます。

スクール生が納得できて、それ相応のレベルのクラスでレッンを
気持ちよく受けれる点が今後のスクール生き残りには、重要な
ことだと思います。


ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

 

関連記事 [テニススクール]
テニススクール | コメント(3) | 20150314134445 | 編集

テニススクールは怪我のため、しばらく休んでいたのであるが、完治できたので元のシングルスクラスに戻ろうとしたところ、人数がいっぱいで戻れなかったため、別のトーナメントクラスへ1月より入った。

ここのクラスは定員6人の小人数クラスで、現在は私も含めて、男性は4名で女性1名の計5名である。

男性の2人はサウスポーで、1人は昨年まで大学のテニス部でバリバリにテニスをしていた。もう1人のサウスポーは、40代くらいの人で経験は不明だが、ショットのパワーと安定性は、十分に備えている。

3人目の男性は、高校と大学でテニス部に入っていた30代の男性でフォアンハンドストロークのショットは恐ろしい程パワーとスピードがある(ラケットはフェデラーモデルの K-Six One Tour90)。

大学のテニス部で経験があるなら、わざわざテニススクールにくる必要もないと思うのだが、ここのスクールの1000本ノック的な球出しが、当時の感覚を呼び覚ますらしい。

ここのスクールはインドアでコートのサーフェースは、カーペットコートであるが、カーペットの厚みは薄めで土台がコンクリートのため、恐ろしくボールのスピードが速いコートである。

カーペットコートは、ボ-ルスピードが速いだけでなく、ハードコートよりも結構、回転の掛かったスピンサーブは弾みやすい傾向がある。

どのサーフェースもそうなのだが、カーペットコートでのシューズはカーペットコート専用のものをお薦めする。はじめ、オールコート用のシューズを使っていたら、引っかかりすぎて、ふくらはぎが肉離れしそうになった

テニスに限らず、サウスポーのプレーヤーは、右利きのプレーヤとはボールの回転、ボールの曲がり及びバック側が逆で非常にやりずらい。試合でも、極力、対戦したくない相手だ。

スクールで使用するボールは、試合で使うボールと違い、耐久性をもたせたノンプレッシャボールのため、硬くてやや重めだ。

インドアでボールのスピードが速くて、ボール自体も重いため、非常にリターンが難しい。ボールの回転とスピードが落ちずに飛んでくる。4人ともサービスがうまいため、みんなサービスブレークが困難だ。

カーペットコートやオムニコートでは、ボールとコートの摩擦が大きいためボールの回転が生きてくる。

上記のサーフェースでは、スライスサービスでもやや回転を掛けたトップスライスサービスが、ボールの回転で重くなるため有効だ。スピンサーブもよくキックするし、スピードを付けてもリターンしずらい。

コーチレベルの出ていない、中級クラスの試合では、滅多に重い回転が掛かったサービスでリターンが返せないというケースはないので、ここで、そのコツを習得しようと思う。

2つのランキングに参加中、クリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 



>>>人気ブログランキングへ

 



関連記事 [テニススクール]
テニススクール | コメント(2) | 20140208104615 | 編集

テニススクールに初めて通ってから18年が経ち、スクール歴も18年になった。その間、テニスクールに通った数は12校を超える。体験レッスンを受けた数も含めれば20校近くにもなる。

これだけスクールを変えたのは、次のような理由がある。

①レッスンのパタンがスクールでが有る程度決まっていて、練習に飽きがくる。
②同じようなレッスンでは、いろんな技術の上達や会得が望みくくなる。
③クラスの生徒の定員が多い(10名以上)。
④小人数制(6名)の特別クラスがない。
⑤シングルスのフォーメションでレッスンするクラスがない。
⑥土曜、日曜に自分にあったクラスがない。
⑦コーチの接客態度が横柄だ。
⑧これまで上のレベルでレッスンを受けていたのに、別のあるスクールでは、最初は下のクラスしか入れないとか前のスクールのレベルに合わせる配慮がない。


もちろん健康、交流、息抜きも含めてスクールに行っていたのではあるが、最大の目的であるテニスの技術レベルを上げれないところでは、時間とお金の無駄になる。

テニスもご多分にもれず、うまくなれば、なるほど面白くなる。

12校を超えるスクールに通ってはみたものの、自分のテニスのレベルを上げてくれたと実感できたスクールは、1校だけであり、なかなか良いところはみつからない。

スクールで自分のテニスの技術レベルを早く上げたいと思われる方は、いろいろと行ってみて希望に叶うスクールを探すしかないのではあるが、私が、良かったと思うスクールの特徴は次の通りである。

①小人数制(6名)の特別クラスがある。
②シングルスのフォーメーションでレッスンするクラスがある。
③最新の基本フォームがわかっていて、的確なアドバイスをしてくれるコーチがいる。
④基本的な練習とゲーム形式練習のバランスが良い。
⑤連続的な球出し練習時間を取ってくれて、フォームを矯正してくれる。
⑥振り替えは無料で、レッスン開始1時間前まで休みの連絡OK。


最適のフォームを会得するのに時間がかかるのは、ストーロークとサービスであるが、週末プレーヤにとって特にストロークでは、的確なアドバイスがあって、コートで1000本ノックを受けれる環境がほしい。

自分の欠点を的確に指摘して、あるべき姿をアドバイスしてくれるコーチは神様だ。

私は数年前に、フォアハンドでフラットドライブが打てずに悩んでいたのだが、シングルスの小人数制(6名)クラスで、良いコーチに恵まれて壁を乗り越えることができた。

自分の悩みを解決してくれる良いスクールの数は、本当に少ない。

2つのランキングに参加中、クリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 



>>>人気ブログランキングへ

 

関連記事 [テニススクール]
テニススクール | コメント(0) | 20140207113558 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。