最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

 最近、サービスでトスが不安定になるときがあり、フォームをどう直そうかと

いろいろ悩んでいましたが、ようやく分かってきました。

 

 まず、サービスの構えですが、テニス月刊誌のスマッシュ3月号にも記載されて

いましたように重心を前足か後足に置く場合があります。

  

構えで重心をどこに置くかによって、スイングのタイミング合わせが変わって

きます。

  

また、以前にも書きましたが、後足を引き寄せる場合と引き寄せない場合でも

スイングのタイミング合わせが変わってきます。

  

サービスでボールのスピードを早くしたり、強く回転を掛けるには、運動連鎖で

体をムチのように使う必要がありますが、これを行うには、体重移動もうまく

行わなければなりません。

 

 今回、はっきりと分かったのは、体重移動にうまくタイミングを合わせてトス

行わなと安定して上げられないということです。

  

体重移動のスピードとトスを上げる位置によっては、テイクバックとフォワード

スイングにも影響を受けます。

 

サービスでトスを安定させるには、タインミングとリズムをうまく合わせないと

いけません。

 

このタインミングとリズムをうまく合わせる必要があるのは、トスにがぎらず、

サービス全体に言えることですが、メンタルの状態によっても狂いを生じるので

理想のタインミングとリズムを会得するのは非常に難しいことだと思います。

 

さて、今回私なりに会得したトスアップのタイミングをリズムは下記の2点です。

  

1.トスアップが終わるまでは、体重移動をゆっくり行う。


2.トスアップは、後足に重心を完全に移動させて、前足に重心を移動し始める

  時に行う。

 

3.トスアップ時には、テイクバックのタイミングが遅れないように、体の捻り

  を少し開始しておく。

  

サービスでの、理想のタインミングとリズムは、科学的に分析すれば、明確に

なるとは思いますが、一般的教本で記載されているのは、見たことがありません。

  

トスアップが不安定な方は、一度、タインミングとリズムについて見直される

ことをお勧めします。

  

ポチッと応援願います 。
banner_22.gif 
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ



上記のポイントを照らし合わせながら、フェデラーのサービスの動画を
参考に見てください。


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(5) | 20160125221412 | 編集

最近、特に気になるのが、サービスのトスアップとテイクバックです。 
 
サービスでは、ラケットのヘッドスピードを上げるには、構えからフォロースル
まで脱力が大切です。 構えの時、ボールを握ってる左手でラケットを支えると
左腕の力が入ってしまい、トスが思うように上げられなくなります。 
 
ラケットを支えないとトスはうまく上がるのですが、今度はテイクバックに力が
入ります。 女子プロでも、トスを上げるのに苦労している場合があります。 
 
上記は、体重移動を前から後ろと移す過程で行うと解消されやすいのですが、
今度は、体重移動することで体の重心が不安定になりフォームが乱れること
に繋がります。  
 
ラケットの支えと体重移動は、筋力のあるプロ 選手では、それほど、気になら
ないようにも思えますが、実際は、基本に忠実な選手がほとんどです。  
 
①左手でラケットを支えるのと支えない。
②前から後ろへの体重移動を行うのと行わない。

プロの場合、①と②でラケットを支える、体重移動を行う選手がほとんどで
しょう。

しかし、ラケットの支えと体重移動を工夫することで脱力の妨げやバランスの
崩れを起こさない フォームは、個人々でアレンジできると思います。

今日は、中上級者クラスでテニススクールのレッスンを受けましたが、バランス
を崩しながら、サービスを打っている人が見受けられました。 
 
①バランスを崩さない。
②力まない。
③構えからフォロースルーまでラケットの重みに逆らわない。
 
上記の3つが行えているか、サービスを打つときにチェック
してみてください。

フェデラーのサービスの動画を見てみると分かりますが、癖がなく基本に忠実
で 一番オーソドックスな打ち方なので、素人の見本になります。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151226214016 | 編集

スピンサービスの打ち方ですが、インターネットや教本にも記載れている方法としては、次の
ような指導内容です。

①トスを頭上に上げる。
②ボールの左下側を捕らえて7時から1時に方向にラケットを振る。
③フォワードスイングのときに斜め右上の方へボールをこすり上げる。
④ボールの後ろを強くこすり上げる。
⑤ラケットヘッドを背中の後ろに回し、背中をかくように頭上に振り上げる。
⑥テイクバックのときにためた下半身や背筋の力を一気に右上に向かって放出する。


上記の内容は、スピンサービスを打つ場合のボールの上げ方とスイング方法を記載して
います。

しかし、スピンサービスを打つには、ラケットの握り方が、大事です。


フラットやフラット気味(スライス回転)のサービスの場合は、厚めのイースタングリップでも
打てますが、スピンサービスの場合は、「コンチネンタルグリップ」で握る必要が
あります。

「イースタングリップ」やこれにに近いグリップだとラケット面にボールを乗せて打つことが
難しいため、ボールの左下側を捕らえて7時から1時に方向にラケットを振るスピンサービス
では、必要な回転を掛けることは困難です。


ボールに強い回転を掛けるには、「イースタングリップ」ではなくて、
「コンチネンタルグリップ」が適しています。

一般的に、スピンサービスを打つには、「コンチネンタルグリップ」で
ボールに回転を掛けれるようになることが必要です。


もうひとつ、握り方のポイントしては、フラットやフラット気味(スライス回転)の
サービスの場合よりも、ラケット長めに持つことです。


ラケットを長めにもつことの利点としては、テイクバックした時にラケットヘッドを落としやすい
ことです。


フラットやフラット気味(スライス回転)のサービスの場合、後ろから前のスイングのため、
このイメージで打つとボールに縦回転を多くかけるのは難しくなります。

縦回転を多くかけるのスピンサービスでは、下から上への軌道になるため、ラケット
ヘッドより多く落とす必要がありますので、ラケットを長めに持つことが効いてくる
のです。

ネットでフェデラーのスピンサービスを打っている動画がありましたので、スピンサーイスの
イメージ作りに参考にしてみて下さい。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 


関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151114171521 | 編集

サービスのフォームは、「野球の投球フォーム」と同じような体の
使い方をします。

しかし、左手でボールを上げながら、長くて重いラケットを持って、
投球動作をするのは、簡単ではありません。


下記の二つの動作のタイミングがうまくかみ合わないとボールは
思ったところに上がりませんし、テイクバックもうまくできないでしょう。


①ボールを上げる
②テイクバックする

サービスがうまくいくかどうかは、上記の動作が大変重要であること
は言うまでもありませんが、意外と適当になってはいないでしょうか?

ボールを上げる時のコツは、下記の2つです。
・手の平で包み込まず、指だけで軽くつかむ。
・手首はスナップを使わず固定してそのまま上げる。



上記は、教本にもよく書かれている安定したトスアップのポイント
ですが、もう一つ急所的なポイントがあります

それは、「ボール上げを始動する高さ」が、意外と安定性に影響され
ます。

ボールを上げ始める高さの位置は、構え方によっても、影響される
のですが、おへそのあたりから上げるのが安定して上げやすいと
思います。


しかし、ラケットを左手で支えているとラケットの始動位置が高くなり、
テイクバック時に右腕にが力入りやすくなる悪影響があります。


「ボール上げを始動する高さ」がおへそよりも低い位置でもトスアップ
を安定させるコツとしては、次の方法があります。

・トスを上げる左腕の肘をまっすぐ伸ばしすぎない。


肘を伸ばし過ぎると肘から先のスナップが効いてしまいトスが安定
しなくなります。

上記のポイントも考慮してトスを上げると安定性が増すと思います
ので、一度、試されることをお勧めします。


ポチッと応援願います 。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ 

関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151031172535 | 編集

特にサービスでは、下記の箇所がうまくいっていないと脱力できずに
力みやすい傾向に落ちいりやすい述べました。

1. 始動時ラケットの持ち方
2. テイクバックのやり方
3. フォワードスイングのやり方
4. トスの上げ方
5. 体重移動のやり方

上記のサービスのフォームの中で力みにつながる要素として、リズムと
バランスも重要なファクターとなります。

まず、バランスですが、バランスはテニスに限らず、スポーツにとって
重要なファクターです。

しかし、ボールを打つスポーツとしてゴルフや野球に比べ、片手で打つ
テニスは、とてもバランスを崩しやすい種目であります。

バランスを崩さずに打てるフォームを追及することは、テニスが、最短で
上達することにつながると思います。

それには、ラケットを持っていない左手の使い方が重要な役割をはたし
ます。



上記のサービスフォームでいかに左手を使うべきかを考えられたことは
ありますか?

例えば、トスを上げた後、フォワードスンイグに入るとき、左手はどうして
いますか?

バランスを崩さないためにすべきことは、次のポイントです。

1.トスを上げた後、すぐに左手は降ろさず、フォワードスイングする
  右手と入れ替えるようにおろす。

2.トスを上げた後、左手の手のひらを自分の体と反対側に向ける。


上記のポイントを実行することで、フォワードスイング時にバランスを
崩さずにボール集中して見やすく、安定してスイングしやすなります。

フェデラーのサービスフォームがサイトにありましたので、イメージして
試してみてください。

ポチッと応援願います 。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ



関連記事 [サービス]
サービス | コメント(0) | 20151011141725 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。