最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

試合の最初のゲームで、どちらのエンドを選ぶか、または、サーバーとレシーバーのどちらを選ぶかということは、草トーでは、通常、ラケットを回してアップかダウンかで決めます。プロの試合では、コインをトスして決めています。

勝者は、次のどれか1つを選ぶことができます。

(1)サーバーになるかレシーバになるかを選ぶ。この場合、トスの敗者はエンドを選ぶことができる。
(2)エンドを選ぶ。この場合、トスの敗者はサーバかレシーバーのどちらかを選ぶことができる。
(3)トスの敗者に、(1)(2)のどちらかを先に選ばせる。

このルールを知らないと損をする場合があります。、この儀式をサーバーを決めるだけのものと思っていて、コートのエンドまで相手に好きな方を取られてしまうケースです。

例えば、サーブをあげるからといって(これはレシーブを選んでいる)コートを取られしまったり、サーブを選らばれて、知らないで何も言わないとそのまま、相手に好きなコートにまで入られてしまう場合です。

太陽が眩しくなるコートやギャラリーが目に入って、集中しにくいコートがあってエンドを選ぶ権利がある場合は、よく考えて相手にエンドの選択権まで持っていかれないように注意しましょう。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ルール]
ルール | コメント(0) | 20141108182230 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。