最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

友達とテニスを遊びで始めて、球技好きの私は、すぐに、はまってしまいました。運動神経には、自信があったし、卓球も遊びで学生のころ経験があったので、テニスもそんなに、難しくはないと思っていました。

ところが、週一回しか、スクールでしかできないのと、真剣にテニスをやる友達がいなかったのも、あってなかなか、上達できませんでした。

スクールにいっても、わかりやすく教えてくれるコーチもいなくて、教本を見ながら、自分であーだこーだと試しながら、なんとか、ボールを有る程度、返球できるまでには、すぐになりました。

1~2年で、中級、中上級クラス入れましたが、あくまで、一般的なスクールでの話で、今の技術力に比べれば、初級者レベルでした。

テニスラケットを初めて、握って、取り組むショットは、やはり、フォアハンドストロークですね。ボールを相手コートに安全に入れるには、トップスピンで打つ必要があるという考え方が、どこから情報を得たのか記憶していませんが、初心者の私の頭に宿っていました。

トップスピンの打ち方という教本を買って、得た知識は、ラケットを下から上に振るということで、写真付きではありましたが、手首の使い方など、詳しいコツはありませんでした。
今の教本も、あまり、詳しくは書かれていませんが、今よりもっと、いい加減でした。

初心者のころに戻って、上達の過程を、記述していき、ご参考になればと思います。

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [上達記録話]
上達記録話 | コメント(0) | 20140830222610 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。