最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

全仏オープンでは初の1回戦突破を果たした錦織圭ですが、現地21日から始まる
ウィンブルドン本戦出場を決めました。

ウィンブルドンは予選からの可能性もあった錦織ですが、ワイルドカード(主催者推薦)
での出場が決定です。

錦織は、ニコラス・キーファー(ドイツ)、ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)、
アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)、ジェイミー・ベイカー(イギリス)とともに
名を連ね、2008年以来、2度目となる大会出場です。

錦織は、ウィンブルドンと同じくプロテクトランキング(106位)でエントリーして
いた全仏では、上位選手の欠場により繰り上げで予選免除の本戦ストレートイン。

ウィンブルドンも上位の欠場がなければ予選出場が濃厚でしたが、これまでの実績等が
認められる形でワイルドカードを獲得しました。

なお、女子シングルスではクルム伊達公子、森田あゆみの2人が本戦ストレートインを
決めました。

そのほか、全仏で予選を突破してともにグランドスラム本戦初出場を果たした奈良くるみ、
土居美咲らも大会にエントリーしており、予選から再び本戦出場を目指す見込みです。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ニュース]
ニュース | コメント(0) | 20150613214248 | 編集

2015のフェデラー対対マレーの全豪男子決勝は、6-3、6-4、 7-6 で、フェデラーがマレーに勝ち、3年ぶりに全豪優勝をはたしました。

今回もフェデラーの良さが目立った試合でした。3セット目は、マレーが先にブレークはしたものの、ブレークバックされて、タイブレークで負けてしまいました。

フェデラーは、昨年、全仏をとり、世界ランキングもNo.1に帰り咲いたことから、精神的な余裕が生まれたものと思います。テニスに内容が以前の全盛期のような出れば勝つような展開になってきています。

また、ナダルが膝の故障もあり、昨年から調子を落として、フェデラーの脅威では、無くなってきていることもフェデラーに対する余裕を増長させていると思います。

フェデラーのようなテニスをすれば、ナダルのように怪我もなく、グランドスラム最多勝利が取れるのでしょうが、フェデラーのような、オールランドなテニスをするトッププレーヤがいないのはなぜでしょうか?

近年、バックハンドが両手打ちのプレーヤーが多いせいでしょうか?やはり、両手打ちの場合、どうしてもグランドストローク中心のプレーヤーになってしまうのでしょう。

今回もフェデラーは、ドロップショットやネットチャージなど多彩な展開で、マレーを苦しめました。このような、プレーのできる強いプレーヤーがもっと出てきてほいものです。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ニュース]
ニュース | コメント(0) | 20150131220731 | 編集

2015のエナン対セレナの全豪女子決勝は、6-4、3-6、 6-2 で、セレナが優勝しました。
セレナは、全米に続き、2回目のワイルドカード選手と決勝で、かなり、プレッシャーがあったのでは、ないのでしょうか。

しかも、2回ともベルギー勢で、全米では、ラインズマンに暴言を吐いてそのペナルティで負けが決まってしまったというお粗末な試合であっただけに、名誉挽回のための決勝のように思います。でも、エナンのほうもクライシュテルスが復帰直後のグランスラムで優勝しているだけに、私もというプレッシャーは、あったでしょう。

明日の男子の決勝は、フェデラー対マレーとこれも楽しみな決勝です。フェデラーもマレーも調子が良いみたいですし、フェデラーキラーのマレーが相手だけにどちらが勝つかを当てるのは、難しいでしょう。

でも、昨年のATPツアーファイルでは、フェデラーが勝っておりフェデラーの方が、優勢のような気がします。フェデラーの試合は、いつみても興奮する内容ですが、フォームも素人の私たちにとって、大変参考になります。

ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ニュース]
ニュース | コメント(0) | 20150130202915 | 編集

2015年最初のグランドスラム大会、全豪オープンでは19日の大会2日目、女子シングルスの1回戦とボトムハームの2回戦が行われ、復帰を果たした元女王ジュスティーヌ・エナン(27歳、ベルギー)が2回戦で、第5シードのエレーナ・デメンチェワ(28歳、ロシア)と対戦し、7-5、7-6(6)のスコアで2時間50分の激戦を制し、3回戦に駒を進めました。

2回戦で、この二人が対戦するのはもったいな過ぎますね。試合は、ブレーク合戦でシーソゲームと手に汗握る内容でした。シャラポワとキリレンコの試合も内容が白熱して、1回戦で対戦するのは、惜しすぎると思いましたが、今回のエナンとデメンティエワの試合は、ストロークだけでなく、ドロップショットやアプローチでの決めのボレー合戦など私たち素人がとても参考になる試合展開でした。


ポチッと応援願います。
banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ニュース]
ニュース | コメント(0) | 20150121000656 | 編集

男子テニスのWSファイナンシャルグループ・マスターズでは22日、米オハイオ州シンシナティでシングルス準決勝が行われ、世界ランク1位で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第3シードのアンディ・マリー(英国)を6―2、7―6で退け、決勝進出を決めました。

 もう一方の準決勝では、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、第4シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に1―6、4―6で敗れました。

世界ランクの4強がそろったUSオープンテニスの前哨戦ですが、フェデラーの調子が、USオープンに向けて、上がってきています。

対マレー戦の連敗を4でストップしたフェデラーは、決勝で第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦することになります。昨年の今大会で準優勝に終わっていたジョコビッチは、これで、2年連続での決勝進出を果たしました。

全仏、全英と振るわなかったジョコビッチですが、ハードコートならUSオープンで準優勝、全豪オープンで優勝していることから、来週のUSオープンで良い試合を見せてれるかもしれません。

ソースサイトへ>>

ランキングUPもブログ投稿の楽しみの一つです。バナークリックで応援をよろしくお願いします。

banner_22.gif
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ

関連記事 [ニュース]
ニュース | コメント(0) | 20140823183747 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。