最短テニス上級者への道

テニス歴20年の経験を活かして、微力ながらテニス技術上達の近道をアドバイスさせて頂きます!

全記事表示リンク
※ご注意事項
当サイトに関係のないコメント、トラックバックにつきましては、こちらの判断で、勝手ながら削除させて頂きますので、ご了解ください。
ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

先週行ったスクールは、私を含め男性2人といつも少人数(定員6人)なので、嫌っという程の球数を打つにはもってこいのクラスです。

30分位の打ち合いの後、コーチがもう1人入って、コーチ対スクール生のダブルスの練習試合になりました。6ゲーム先取の2試合を行ったのですが、4-6、5-6の惜敗でした。

1試合目の途中で、私のペアが、足をつってしまい後半のゲームでサービスに影響が出て、サービスがキープできなかったのが残念でした。

即席ペアの練習試合の場合、サービスのコースの申し合わせまで、面倒なのでしないのですが、やはり、どのコースに打つのか分かっていた方が、ポーチに出やすくなります。

サービスのコースが分からないとき、私は、サービスライン内にボールの落ちた位置を見て、センターならポーチの準備をします。


前衛の役割としては、積極的にポーチに出る動きをして、リターン側にプレッシャーを掛けるのは、得策です。

ポーチに出なくても、出るふり(フェイク)をして、相手のリターンミスを誘ったり、ストレートに打たせて、逆にそこで待って仕留めましょう。


リターンの時、ペアがサービスダッシュしてくる相手の足元にボールを沈めることができたら、ポーチにトライしましょう。

センター寄りに来たボールをボレーで返球したり、ポーチする時は、相手のゼンターを狙いましょう。

自分が前衛の場合は、相手前衛の後ろ側に飛んでいくようなセンターコースが、特に、狙い目です。


前衛の足元も狙い目ですが、レベルが高くなってくると、ラケット面を合わせて返球される確率が高くなります。

極力、2人の手が届きにくい前衛と後衛の間のセンターに打つのが、相手は取りにくいし、サイドに切れることもなく得策です。


3つのランキングに参加中、バナーをクリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 

にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村



関連記事 [ダブルス]
ダブルス | コメント(0) | 20140303204043 | 編集

テニス技術上達の源となっているテニス雑誌は、下記のような雑誌があり、毎月チェックしていた。

ところが、【 T、Tennis 】を昨年末から見かけないなと思っていたら、なんとが昨年の12月から休刊となっていた。お気に入りの雑誌の一つであったのに、非常に残念だ...。新たなる復帰を希望する。

(1)毎月5日ごろ発売
テニス ジャーナル、テニス クラシック、T.Tennis
(2)毎月20日ごろ発売
テニス マガジン、スマッシュ

個人的的感想を書くと、

①ジャーナルは、内容が少なくDVDに特化した変り種テニス雑誌。
内容も他の雑誌と切り口が違い面白いが、本誌はDVDの内容を文章で説明した感じ。
内容は少なめだが、DVDが欲しければお薦め。

②クラシックは、連続写真などとてもわかりやすい技術解説が得意な雑誌。
あこがれるプロ選手の連続写真で技術をマスターしたい人にお薦め。

③T.Tennisも、技術解説を大切にしている雑誌。
プロ選手の連続写真も掲載しており、わかりやすい技術解説が良い。
別冊ででている特別編集は、上達のためにコツやヒントが多い。
練習メニューなどの記事もあり実用性は意外に高い。

④マガジンは、特に特徴がないのが特徴な雑誌。
記事に偏りがなく、いつも欲しい情報がきちんと載ってはいるが、内容が少ない時期がある。
技術特集も真面目、変り種のものは少ないが、時々良い記事がある。

⑤スマッシュは、見やすく、わかりやすい雑誌。
初心者でも楽しめ、伸び悩んでいる初、中級者のクリニック記事があり、中級者以上でも興味を引く内容の記事がよく載っている。毎年の4月号のNewラケット等のグッズカタログはお薦め。


今回休刊となった【 T、Tennis 】から出ている特別編集の教本の一つで気にって入るがあり、元WTAプロテニスプレイヤー佐伯美穂さんと吉田友佳さんの共著である「最強ダブルス 勝利の法則」だ。

ダブルスの戦術だけでなく、ダブルスで必要な最強ショットや練習法について記載されおり、ダブルスの試合でなかなか勝利できず上達したい人には、特にお薦めで、じっくりと読まれると上級者もさらにレベルUPのコツやヒントが満載。

本書に記載されており、特にダブルスの試合で勝利するために、必要と感じた点を書きます。

①センターセオリー
  ・センターはネットの高さが低いため返球しやすく、ペアがお見合いしてショットも決まりやすいダブルスでの穴場。
②サービス
  ・スライスサーブとスピンサーブの使い分けられ、平行陣が敷けるサービス力を備えること。
③リータン
  ・相手のサービス(インパクトする直前くらい)に合わせてスプリットステップ。
  ・実際にリターンを打つ際は、ステップインをしてボールを捕らえる。
④ペアリング
  ・強い人同士が組むペアが最強ダブルスとは限らず、気の合う物同士の2人組であることが最強ダブルス。


2つのランキングに参加中、クリックで応援ありがとうございます。

banner_22.gif 



>>>人気ブログランキングへ

 

関連記事 [ダブルス]
ダブルス | コメント(3) | 20140215134243 | 編集
FC2アフィリエイト
プロフィール

KEI

Author:KEI
関西在住の社会人でテニス歴20年。シード12位ながら19歳でUSオープン初タイトルを獲得したサンプラスをテレビで見て惚れ込む。サンプラスのサーブ&ボレーを目指してテニスに励む。現在の使用ラケットは、ウイルソンの [K] BLADE TOUR 。

QRコード
QRコード
    © 2017 最短テニス上級者への道  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。